ピクシブ百科事典

凌ぎの哲

しのぎのてつ

『麻雀放浪記 凌ぎの哲』は、阿佐田哲也原作の小説『麻雀放浪記』およびその他の作品の人物・世界観などを引用し原恵一郎による作画で構成された麻雀ストーリー劇画である。

作品解説

ワシズ』同様、色濃い作画と顔芸、一匹狼のアウトローや徒党を組む「ワル」たちの活躍を描いていく、といった作風になっており、本編の『麻雀放浪記』とはかけ離れた物語と作風で描かれていく。

主人公・坊や哲が、麻雀で絶技のイカサマを駆使して素人をカモに、また凄腕のバイニンたちとの白熱した死闘を描いていく。

物語の構成は序盤、勤め人、バイニン復帰、権々会編、バクチ列車編、雀荘争奪編の順になっている。

竹書房から刊行された単行本は7巻までしか発売されず、そのまま8巻以降が発売されること無く連載が終了した。しかし連載終了から数年後、未収録分の単行本がコンビニコミックとして『麻雀バクチ列車!』『バクチ麻雀地獄寺!』というタイトルでそれぞれ上下巻で発売された。

しかしながらも、『雀荘争奪編』に限っては、なぜか未だに単行本化されていない。おそらく、『雀荘争奪編』のある描写(森サブとガスがある博打で、森サブ自身の策略とはいえガスに「ブチュー」したシーンがあった)が理由と思われ、あるいは「編集さんとケンカした」「原稿を紛失した」などの憶測も考えられるが真実は定かではない。ファンからも「雀荘争奪編を発売してほしい」という声が多い。

登場キャラクター

坊や哲(ぼうやてつ)
主人公。
ドサ健
もう一人の主人公。
李億春
博多のバイニン。
タンクロウ
元バイニンのヤクザ。
達磨(だるま)
雀荘「白楼」を仕切る「狂犬」と比喩されるバイニン。
定恩(じょうおん)
権々会(ごんごんえ)の麻雀主催の坊主。
飛び甚(とびじん)
権々会の生き残りの1人。
ゲン / 二代目飛び甚
飛び甚の息子。
三井
出目徳の息子。
ブー大九郎
バクチ列車の黒幕である盲目のバイニン。
ダンチ
バクチ列車の参加者の1人。
森三郎
森サブの兄貴ぃ~
ガス
白頭鷲のガス。

pixivに投稿された作品 pixivで「凌ぎの哲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15646

コメント