ピクシブ百科事典

GUNDAM0079TheWarForEARTH

じっしゃばんがんだむ

GUNDAM0079TheWarForEARTHとは、アメリカのPresto Studiosが開発し、バンダイ・デジタル・エンタテイメントが1996年に発売した機動戦士ガンダムをベースにしたクs・・・アドベンチャーゲームである。
目次[非表示]

あの赤い彗星とやりあって生きてるとは、ラッキーボーイだぜぃ☆

概要

1996年に販売されたパソコンゲームで、Power MacWindows95そしていわく付きのゲーム機ピピンアットマーク用として発売された。
翌年の5月2日には日本語吹き替え版がプレイステーション用ソフトとして販売されている。

ガンダムゲームとしては珍しくジャンルはアドベンチャーゲームであり、ストーリーはアニメの第一話から第十話のガルマ・ザビまでが描かれている。場面に応じてボタンを入力し、それがあっていれば本編を進める事が出来るというものだが…

はっきり言ってクソゲーである。

クソゲーと言われる原因

  • 本作の人物パートは全て実写で、オール外人声優はかつてのアニメと同じ)なのだが、明らかにミスキャストが多い。詳しくは登場人物の項を参照。一方、モビルスーツなどのメカはCGで表現され、当時としては非常にクオリティが高い。
  • QTE仕様でボタンを入力を受け付けるタイミングが異常にシビアで、タイミングを逃したりボタンを間違えたら即刻ゲームオーバー。しかも選択肢の数も多く、正しい選択肢をノーヒントで探さなければならない。
  • 加えてやり直しのポイントも少ない。一度失敗すると何度も同じやり取りを見る羽目になる。
  • ゲームオーバー画面はデーレーレーというジングルと共にガンダム生首が転がっているというもの。この画面は何度も見る羽目になる。特にブライト・ノアが「民間人は降りてもいいが、一緒に戦ってくれると嬉しい。戦ってくれるならこのバッジを受け取ってくれ」というシーンがあるのだが、すぐ受け取らないと断ったと判断され、艦を降りるように言われた挙句、戦闘もしていないのにこの画面が出てくる。(このシーンでの入力受付時間は1秒未満)
  • ガンダムが泣けてくるほど弱い。ザクⅡザクマシンガンの一掃射でカンカンカンと異様に軽い音を立てて大破する。これは操作を間違えるたびに頻繁に見る羽目となる。これ以外にもシャア専用ザクと組み合ったら力負け、デニムのザクをビームサーベルで撃破するもその爆発に巻き込まれて死亡等。
  • 原作通りシャアに裏切られたガルマがガウ攻撃空母ホワイトベース特攻を仕掛けるのだが、ガンダムでトドメを刺さないと特攻を成功させてしまう(ホワイトベース隊全滅)。ガルマを殺してもガウから飛び降りなかったので一緒に爆死。ガウを迎撃しようとしたホワイトベースの攻撃がガウには当たらずガンダムに直撃。ホワイトベースの艦橋に飛び乗ったシャア挑発に乗ってハイパーバズーカを撃ったら艦橋を直撃等笑えるゲームオーバー条件もある。
  • 中盤、地雷原を突破するミッションがあるのだが、迷路のような街をノーヒントで目的地にまで進まなければならず、一度でも間違えたらザクに撃たれる、地雷を踏むなどして死亡。しかもこのルートはガンダムとガンタンクが合体したガンダムタンク(メイン画像参照)で進まなければならない。地雷原にキャタピラって…
  • 基本バルカンゲー。ビームサーベルビームライフルハイパーバズーカも使うが圧倒的にバルカンの使用率が高い。
  • グフが何故か銀色。パイロットもランバ・ラルではない(声は飯塚昭三になっている)。ただしこれについては、シャアの赤い機体のように、個人のパーソナルカラーという設定の可能性もあるので、そこまで原作とかけ離れてるとも言えなくはない。
  • ムービーが長い上にスキップ不可。セーブ機能は無くパスワードコンティニュー。ただし、パソコン版では任意のタイミングでセーブが可能。

これらの要素からネタ的な意味で「これはニュータイプ専用ゲーム」と言われることがある。

登場人物

主人公
本作の主人公はアムロ・レイではなく、プレイヤーがアムロの視点でプレイする。本編では全く喋らない上に名前も呼ばれず、顔も映らない。ただしガンタンクがシャアザクに襲われた際にリュウが「カイ!ガンダム!」と助けを呼んでいた事から「ガンダム」と言う名前の可能性もある。
なお今作での本来のガンダムパイロットはドーティ少尉で、冒頭でザクの攻撃で鉄骨に圧し潰されて死亡していた。余談だが、(モニター越しで)ドーティ少尉に呼び掛けていた士官(どう考えてもブライトより上官)の行方は不明。こちらも死亡したのだろうか?

ブライト・ノア(CV:鈴置洋孝)
本作の違和感ありまくりなキャラクターの中では割と原作に近いキャスティング。19歳には見えないところも同じ。セイン・カミュ似。よく見ると寄り目。服ブカブカでシーンごとに髪型が変化している。

カイ・シデン(CV:古川登志夫)
本作では最初から軍人。ガンキャノンパイロット
頭の禿げた(よく見るとポニーテールになっている)気のいい日系人。

リュウ・ホセイ(CV:飯塚昭三)
アメリカ映画に出てきそうなファンキーな性格の大柄な黒人ガンタンクのパイロット。ラッキーボーイだぜぃ☆。ガンタンクをシャアザクに破壊されたが生き残った(本作はガルマの死で終わっているので、後にクラウレ・ハモン(ガルマの敵討ち部隊)相手に特攻死するかは不明)。
因みに、ガンダムの企画当初はリュウは黒人設定だったが、自主規制で変更されたとのこと。妙なところで日の目を見たものである。

サラ・ホリン
本作オリジナルキャラクター。金髪のオペレーターでセイラ・マス(本作未登場)にあたる立場。本作はランバ・ラル登場前に終わっているので、ジオン関係者なのかは不明。

ハニ・アサナ
本作オリジナルキャラクター。レビルのポジションに当たる黒人の太ったオバサン。ただし、彼女自身がレビル将軍の名を出しているので、マチルダ・アジャンのポジションなのかもしれない(時期的にマチルダが登場するには早いが)。

シャア・アズナブル(CV:池田秀一)

【誰得】新旧アゴナブル徹底比較


このゲームが凡百のクソゲーに埋もれずに済んだ、ある意味最大の功労者(笑)

知る人ぞ知るケツ顎シャア。詳しくはこちらを参照。

ガルマ・ザビ(CV:森功至)
ケツ顎シャアとは違い普通にイケメン美青年ではなくイケメン)。紫髪ではなく金髪なのは仕方ないにしても髪型がオールバック
原作同様シャアの裏切りに会うが、最後はガンダムのビームサーベルでブリッジを貫かれ死亡する(前述のとおりガンダムでトドメを刺さないとホワイトベースへの特攻に成功してしまうため)。

ジーン
髯面の黒人。特に手柄を焦っている様子もなく落ち着いた性格。
ガンダム最初の犠牲者……のはずだが、このゲームでガンダムの撃破回数が最も多いパイロット。プレイヤーがガンダムの起動に四苦八苦している間にガンダムをハチの巣にしてくれる。ただしプレイヤーが操作に失敗しない限りはガンダムが動き出すまで待ってくれる。

デニム(CV:永井一郎)
声のみで姿は出てこない。ジーンを倒した直後にヒートホークで襲い掛かってくる。

ギレン・ザビ(CV:銀河万丈)
ラストに声のみ登場。サイド3にいるはずながら数十分でガルマの死を知り国葬するという手際の良さを見せる(早い話が尺が足らなかった)

なお、原作の主要キャストでは前述のセイラの他、フラウ・ボウハヤト・コバヤシミライ・ヤシマカツ・ハウィンレツ・コ・ファンキッカ・キタモトなどは一切登場しない。

余談

  • 裏技を使えば煩わしいボタン選択無しでムービーのみ視聴可能なモードがある。
  • 中盤に出てくるゲームオリジナル兵器の「ソア・キャノン」だが、一部のプレイヤーの間では空耳でそう聞こえたという理由から「諏訪キャノン」と呼ばれている。
  • 製作スタッフ曰く「好評なら続編を作る」とのことだが、今現在続編の発表はない。
  • 現在、バンダイの公式サイトからは抹消されており、同じく実写作品の『G-SAVIOUR』とは違い、完全に黒歴史となっている。
  • 本編に登場するガンダムタンクは、クローバー製の玩具のギミックを再現したもの。アニメ第二話でのジオン兵のセリフで設定が説明されていたが、劇中では使われなかった。地味に『ガンダムビルドファイターズ』の第二話にも登場している。また、ガンダムブレイカー2にガンタンクが実装された事で、以降のシリーズで再現が可能となった。
  • 2018年にハリウッド版実写映画のガンダムの制作が発表されたが、その際SNSなどで一躍話題となったのは今作・・・というかケツ顎シャアの再来を期待、もとい心配する声だったということは言うまでもない。
  • 本作を手掛けたPresto Studiosは後にポイント&クリックADVの名作『MYST』の3作目である『MYST III:EXILE』を手掛けている。そちらは本作とは違って、シリーズの名を汚すことのない真っ当な作品なので間違えないでもらいたい。


関連タグ

ガンダム 機動戦士ガンダム
アドベンチャーゲーム パソコン プレイステーション
死にゲー クソゲー 洋ゲー 初見殺し

外部記事

ニコニコ大百科より:GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム きどうせんしがんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「GUNDAM0079TheWarForEARTH」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87854

コメント