ピクシブ百科事典

NERF

なーふ

アメリカ発祥のトイガンシリーズ。また、それにちなんだゲーム用語。
目次[非表示]

もしかして

運営によるバランス調整による弱体化を指すスラング
語源は後述するトイガン(玩具銃)の事。
FPS等で「バランス調整により弱体化させられた銃」を「実銃から玩具の銃になった」と言う意味として浸透した。
FPS人気の低い日本ではカードゲーム『ハースストーン』(および『シャドウバース』)での「バランス調整による弱体化」に対して使われる様になってから一般化した。

概要

正確には「ナーフNストライク」。
本国アメリカでは「ナーフ」の名を冠する商品は刀剣の玩具である「ナーフNフォース」どころか、普通のスポーツ用品を扱う「ナーフNスポーツ」なんてのもあり、Nストライクもスポーツシューティングを名乗るスポーツ用品扱いらしい。
(そもそもNスポーツこそが一番最初のシリーズである)

アメリカにおけるトイガンの代名詞であり、他社製品までひっくるめてナーフと呼ばれる事も多い。
ハズブロ社の商品(元は他社商品だったが、吸収合併した)のため、日本ではトランスフォーマーシリーズでハズブロとタッグを組んでいるタカラトミーが輸入販売している。
※2018年にタカラトミーによる国内販売は終了。以降はハズブロによる通販に変更された。

弾丸(スポンジ製)的にも見た目(派手派手)的にもたいへん安全。と言うのも訴訟社会であるアメリカでは安全な弾丸でないと子供向けとして販売できないし、銃社会なので見た目も安全でないと玩具として販売できない(本物と間違えてられて射殺されかねない為。アメリカではリアルなモデルガンの銃口を向けて来た相手なら射殺しても正当防衛として無罪)。
かつては黄色が基調だったが、現在は「Nストライク エリート」シリーズに移行した事で青が基調となっている。
ただし上記の理由により「銃口がオレンジ色」なのはすべて共通である。

ナーフ☆


(メイン画像はNストライク(旧シリーズ)のマーベリック、上の画像は直接の後継機でエリートのストロングアーム)
エリートシリーズ内でも無印以外にも、『吸血殲鬼ヴェドゴニア』に出てきそうな(「回転のこぎり付き拳銃」みたいなハッタリの効いた)デザインで緑色の「ゾンビストライク」、白いボディに花火みたいな柄があしらわれた女の子向けの「レベル」、大型弾を使う赤い「メガ」等の小シリーズがある。
2015年からはオプションパーツの付け替えを売りとした白い「Nストライク モジュラス」が登場した。
(尤も、Nストライク時代からオプションパーツの付け替えは可能だったのだが)

他にトイザらスが輸入販売する高級水鉄砲の「ナーフ・スーパーソーカー」が存在する(Nストライクも日本未発売品をトイザらスが独自に輸入販売する事がある)。

暑いね。



なお上記の理由でオモチャじみたカラーリングをしているものの、SF調のデザインはけっこう人気があり、それっぽい色に塗り替えるとなかなかカッコよかったりする。
そしてマーベリックのデザインはクラシック版メガトロンの変形先にも採用されており(前述の通りメーカーが同じ)、メガマグナスも日本のオタクからはアーマーマグナム呼ばわりされている。

元・公式サイト

http://www.takaratomy.co.jp/products/nerf/index.html

バンナムも黙っていない

2013年にスーパーソーカーの対抗品を「ウォーターファイト」の名で輸入販売開始。
そして2017年にはCCP(バンナムの子会社)がナーフの対抗品である「X-SHOT」シリーズの輸入発売を開始した。

バンナムと縁の深いはずの少年ジャンプのイベントでも射的場ではナーフが使われていたって話があるし。
バンナム自身が開発しているウルトラシリーズスーパー戦隊シリーズ仮面ライダーシリーズのトイガンは音と光で誤魔化しているだけで弾丸発射機能が無かったから仕方ないね。

あとバンナムは関係ないが100円ショップでも模倣品が売られていたりもする。

pixivに投稿された作品 pixivで「NERF」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258058

コメント