ピクシブ百科事典

ルードヴィグ

るーどゔぃぐ

ルードヴィグとは、「聖闘士星矢Ω」のキャラクター、マルスの過去の姿である。

火星の守護者、軍神を名乗るマルスがかつて人間だったときの姿。
青く逆立った髪で大柄な男性であった。

37話でその名が明かされた。

45話の回想でその詳細が判明。

かつて人間であった頃はとある裕福な家の主(議員だったようである)であった。
当時は娘ソニアと彼女の生母に当たる妻のミーシャとともに大邸宅で大勢の使用人を雇って暮らし、高級車に乗り何不自由ない幸福な人生を送っていた。当時は使用人にも気配りをし、妻子にも愛情を注ぐ優しい人間であった。

しかしある日、夫婦で見るはずだった演奏会の会場で爆破テロに巻き込まれたことによって、突然ミーシャが死亡してしまう。
理由も意味もなく巻き添えを食らったミーシャの死は、ルードヴィグを絶望の淵へと叩き落とした。彼はその復讐に狂い、銃を片手に、次々とテロリストを殺害して回るようになる。
しかし、ミーシャを殺した悪人達の正体は、銃を向けられれば醜く命乞いをする、ちっぽけな人間に過ぎなかった。
ミーシャの死がより意味のないもの、救いのないものと感じた彼の絶望と怒りは深くなっていき、
「弱い者が闇雲に殺戮を起こしてしまう」世界そのものへの憎悪を募らせるようになった。
そんな中、火星の影響を受けてか、神・マルスとして彼は覚醒する。
こうしてマルスは、「この世の中が全て間違っているから変革すべき」という、偏った思想に取り憑かれてしまった。

その後メディアと再婚し、エデンが生まれたことによって、彼の思想は「エデンのために理想世界を作る」という方向に傾き「この世を一度滅ぼし新しい世界を作る」というさらに極端なものとなり、「アテナの元では世界の悪しき連鎖は終わらない」と思い込むに至りアテナの光を新世界の礎にしようと思い立つ。


そして本編開始の13年前にアテナ軍に戦争を売ることとなり、その際メディアの呼んだ闇の隕石の力(後にこれはアプスの力と判明)を受け、城戸沙織の光の小宇宙を受けたアリアを攫って帰っていた。この頃には自身がかつて家族を失った悲しみを受けた身であったにも関わらず、他者の家族を全く顧みることはなくなり、「新世界のためなら多少の犠牲は厭わない」という方向性になっていき、その後の戦闘で一般人を含む多数の犠牲を出すような行動も平然と行っている(一期では光牙とアリアの実親らしき人物が巻き添えで死亡しており、二期で彼が起こした戦闘が元で家族を失った一般人だったケリーの存在が描写されている)。

45話の終盤で彼は仮面を取りルードヴィグの素顔を再び晒すが、その顔面は半分炎に包まれたようになっており、エデンは父のその形相を「もはや人ではない」と戦慄しつつ評している。

mars


しかし46話でエデンが父との戦いの中で彼の心を揺さぶる言葉をかけたことで優しい父としての面を取り戻し、「どうしてこうなってしまったのだろう」と悔い、最期に地球の滅亡を止めようとしたものの時は既に遅く、地球から火星への小宇宙の移植のエネルギーに触れて死亡してしまった。


かつてミーシャと演奏会に出かけようとしたり、娘ソニアにもピアノを早くから習わせたりと音楽好きであることが伺える。エデンも二期でピアノが弾けることが判明している。思い込みの激しさと繊細さを併せ持った性格であったようだ。
「アリア」の名も音楽用語であることから、彼の命名ではないかとの見方もあるが定かではない。



関連タグ

マルス(聖闘士星矢Ω)
マダオ
ミーシャ(聖闘士星矢Ω)
メディア(聖闘士星矢Ω)
哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「ルードヴィグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27883

コメント