ピクシブ百科事典

サターン(聖闘士星矢Ω)

さたーん

サターンとは、聖闘士星矢Ωの敵キャラクターである。
目次[非表示]

CV:水島裕

概要

刻闘士らの真の主であり、の正体でもある「刻の神」。名前が出たのは92話の終盤であるが、2期前半のOPでもシルエットで登場、2期後半のOPでは顔出しで登場していた。
容姿は赤い目に青い長髪の美形。不死身の存在であり、はるか永い時を生きて来た。

彼を頂点に、側近(エウロパミラー)→パラサイト四天王2級パラサイト3級パラサイト→パラサイト兵(雑兵)…の序列となっている

刻闘士達が「あのお方」と呼んでいた彼らの主君であり、パラサイト四天王の聖剣やパラスの刻衣を与えた。またパラスとアテナの戦いを引き起こした本作の黒幕である。(時折見せる、あのもったいねぇよぉぉパワーはその片鱗だった。)
また一期の十二宮の戦いで敗北し瀕死の状態だった時貞に力を与え2級パラサイトとして引き込んだ。(不死化した時貞の肉体に、昴が傷を付ける事が出来たのもそのおかげ。)
フェニックス一輝に追われている最中姿を消しており、アプスを始め多くの神々を打ち破ってきた人間の価値を見定めるため、自ら記憶を封じて人間の少年・昴として活動していたが、そのことを部下であるパラサイト四天王にすら告げておらず、ハイペリオンですら今際の際にやっと気づいている。エウロパやミラーも最初は気づいておらず攻撃し、エウロパは2度めに遭遇した際の小宇宙放出後に気づいた模様。サターンである自覚が無かったとはいえ、昴として多くの部下(自ら勧誘した時貞も含む)を攻撃または殺害しており、四天王のうち2人も彼の力で劣勢になり死亡する羽目になっている。

92話において、エウロパの導きでその真の姿を現し、昴の姿で纏っていた小馬座の聖衣を砕いてしまう。93話では光牙らの呼びかけにも応じず、世界中の人類の時を止めてしまう事で地上の支配を目論み、天空から召還したサターン城に向かう。
その後追って来た星矢らを打ちのめし、黄金の短剣すら無力化し、Ω聖衣をも粉砕する。
しかし昴でいたときの記憶の影響から「胸の痛み」を覚えるが、それでも構わずクロノコンクルージョンエターナルを発動、聖闘士達すべての力を結集した光牙との最後の対決に臨み、お互いの武装を砕き合う拳の応酬の中、昴の記憶の影響も手伝い「今まで感じた事のない高揚」を覚える。
傷や武装も瞬時に治すことができ、死ぬ事のない彼に今までにない想いを抱かせた光牙や人間達に感じ入り、光牙に付けられた傷もあえて治さず残すことを宣言。全壊した自分の刻衣と武器、小馬座聖衣を修復して宇宙の彼方へと去って行った。
光牙が持っていた小馬座の青銅聖衣の欠片を見た際、僅かだが表情が変化していたり、エデンに指摘されたように聖闘士の戦いや生き様を覚えておりそれに起因した胸の痛みを感じるなど
サターンに戻った後も一時的な姿だったとはいえ昴の時の人格と記憶はサターンに影響を及ぼしている。

これほど、強さと寛大さをみせた神は聖闘士星矢では非常に珍しい存在である。

倒されず封印もされないまま自らの意志で撤退し、生存したままのラスボスは本シリーズでは非常に珍しいが、聖闘士達や2人の女神の総力を光牙に集めてもなお倒せない上に肉体の傷もすぐ自己修復してしまうためかなり厄介な敵ではあった。

武器

  • 永劫輪舞

赤と黒のカラーリングの剣。パラスに一時貸していたが本来は彼のものである。

  • 真・永劫輪舞
先の戦いで破壊されたアイガイオンの重爆雷斬刃、ガリアの武神光臨剣、ハイペリオンの天地崩滅斬、タイタンの天神創世剣のそれぞれ破片を、永劫輪舞と融合させた本来の姿。剣というよりは巨大な鎌である。
言葉を発したりはしないものの意思らしきものがあるようで、サターンが剣の意見に耳を傾けているようなシーンも見られる。またサターンの意志により両腕部、両腰部そして股間部の装甲として変形させる事も可能である。

刻衣

赤と金色を基調としたカラーリング。
オブジェ形態は砂時計と土星の環が組合わさったような形をしており、
神の装着物は人形のオブジェ形態が多い中、珍しく無機物をモチーフとしている。

  • クロノコンクルージョンエターナル

地球全土に及ぶほどの大規模な時間停止技。黄金聖闘士クラスの小宇宙を持つ者でも石化は免れない。弱っているとはいえ神であるアテナとパラスの時間を止めてしまった技である。

備考

「サターン」とはローマ神話のサートゥルヌスの英語読みであり、ギリシャ神話の農耕神クロノスとも同一視されている(また、土星の英語名でもある)。
本シリーズではエピソードGにこのクロノスが登場しており、差別化のために名前を変えたものと思われる。
もっとも、本作がアニメ版の続編であるためエピソードGとは繋がらないということ、本作のハイペリオンがエピソードGのヒュペリオンと名前が被っていることを考えると、本作にクロノスおよびティターン神族は存在せず、代わりにサターンおよび刻闘士が存在しているという可能性も考えられる。

ちなみにNDには時空神の方のクロノスが登場しているが、本来「刻の神」と呼ばれるに相応しいのはこちらの方であり、農耕神クロノスおよびサターンの方ではない。

関連項目

聖闘士星矢Ω 昴(聖闘士星矢Ω)
パラサイト(聖闘士星矢Ω) 小馬座の昴
ロン(獣拳戦隊ゲキレンジャー)…ニチアサに登場した「不死で殺せないラスボス」繋がり。
不死身
レジーナ(プリキュア)レジーナショック…ニチアサに登場し元は敵側だったが主人公達との交流を経てかけがえのない仲間となるも
半ば強制的に覚醒させられ覚醒後も主人公達との交流の記憶に苦しんだという共通点がある。
レッド(プリキュア)…ニチアサに登場した「味方側ボスに執着する少女を傀儡の首領として暗躍する絶望した神」繋がり。
クローズ(プリキュア)…最終決戦での実質的な和解→撤退のラスボス繋がり。
悪魔ほむら…人間から神あるいはそれに比類する存在になった繋がり
飛鳥了…人間を見極めるため人間になった&中の人繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「サターン(聖闘士星矢Ω)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64214

コメント