ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:山崎和佳奈
女神パラスに仕えるパラサイト四天王の1人。『武神光臨剣のガリア』を名乗る女幹部。
攻撃的なハイペリオンに対し「人間をすぐに殺しては可哀想」と宥めるが、本性は人間を「おもちゃ」「虫けら」と蔑み愛や友情を見下す冷酷で傲慢なサディスト。

パラスに入れ込むタイタンに嫌味を言ったりインテグラとパラドクスの姉妹同士の戦いを観戦する等、他者の心を弄ぶ悪趣味な嗜好の持ち主で、人間の愚かさを観察する事を特に好む(その嗜好からパラドクス時貞を気に入っている。曰く「虫でも綺麗な模様があれば愛でる」との事)。
この為アイガイオンを「人間ごときに入れ込む四天王一の小物」と見下した時には、ハイペリオンから「それはお前も同じだ」と評されている。アイガイオンやハイペリオン同様「愛」は不要と見下しているが、黒幕サターンには忠誠心があり、その降臨を心待ちにしている。

戦闘力は高く、「光速を越える」と自称するスピードで星矢でさえ間合いを詰められてしまう程。
しかし、独断でアテナや黄金聖闘士達の戦いを水晶に映し光牙達やパラスベルダの聖闘士達にアテナや星矢達の死に様を見せつけたり、撤退を命じるパラスに自ら黒幕であるサターンの部下である事を言う等、迂闊な行動が目立つ。
この迂闊さが仇となり、パラドクスとインテグラ決死の活躍で青銅聖闘士達の集結に加え閉じ込めていたアテナと黄金聖闘士の脱出を許してしまう(エウロパから二流呼ばわりされた)。
75話では投獄されていたパラドクスの元を訪問し、看守を殺害して牢獄を破壊して彼女を連れ出す。
「戦場を引っ掻き回す玩具」として彼女を味方につけ、2級パラサイトの刻衣を与えて戦場へと出した(この時パラドクスはガリアの言う事は聞かず、龍峰との一騎討ちに向かった)。
78話ではすっかりタイタンを骨抜きにしてしまっているパラスに「恐るべき女よ」とコメントしている。
82話では一輝と相討ち(?)となったアイガイオンに対して、ハイペリオンやタイタンが多少は彼を悼む態度を見せている中「四天王ともあろうものが恥を知れ」と言っており、自身も出撃の準備を始める。
84話ではパラドクス・インテグラの対決を面白がっていたが、パラドクスが敗北し沙織に情をかけられ心が揺らぐとその場に降臨・パラドクスを斬り捨てた。
85話では更にインテグラの聖衣を斬り裂き無限回廊に居る他の聖闘士達に星矢や沙織を殺害する様を中継しようと行動・止めに入ったハービンジャーや貴鬼、星矢の技を一蹴する。更に沙織をまだ殺されたくないパラスに制止されるもパラスの言う事を全く聞かず独断でアイガイオンが命を掛けて守った黒幕の存在をあっさりバラしてしまう。
86話では聖闘士達を自分の庭園に誘導したが黄金聖闘士達を先に逃がされて激怒、残った青銅聖闘士達7人を圧倒する。
しかし異様な小宇宙を発揮させた昴に技を破られΩの片鱗を見せた青銅聖闘士達に逆転を許す。反撃に出ようとするも聖衣の新たな力を引き出した6人の波状攻撃を受け剣を折られてしまい、最後は光牙のペガサスローリングクラッシュを受け消滅、死亡した。

余談

フォトンテクターのモデルは蟹座魚座水瓶座であり、この扱いはある意味必然かもしれない。
本シリーズの敵女悲しい事情があったり自身の忠義主義真っ直ぐな者が多く、一期のメディアですら(歪んではいたが)実子への愛情があったので「同情の余地がない敵女」は珍しい。

刻衣

カードゲーム「クルセイド」のサイトで先行公開され、
2期より新規OPでも本編に先駆けて公開された。85話で初着用。
「光臨刻衣(フォトンテクター)」と呼ばれる。
黄色がかった白が基調で、ヘッドパーツが蟹座と思しき形状になっており、黄色い宝石状パーツが付いている。腰に大きな獣の爪の様なパーツがついている。

「天罰を下す剣を持つ私は神も同然!」


武器

  • 武神光臨剣

菱形の黄色い金属を幾つも繋げた刀身が特徴的な大剣。
強い光を放ち、神以外には破れないスニオン岬の牢獄を岬ごと粉砕する一撃を放つ事が出来、黄金聖衣黄金聖闘士の必殺技さえ斬り裂く高い斬れ味を誇る。

  • ライトオブジェネシス

相手を光の柱の中に拘束し激しいダメージを与える。

  • 飛天大閃光
強烈な光とともにエネルギーを放つ。

関連タグ

聖闘士星矢Ω パラサイト パラサイト四天王
女幹部 敵女 サディスト

関連記事

親記事

パラサイト四天王 ぱらさいとしてんのう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガリア(聖闘士星矢Ω)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 426971

コメント