ピクシブ百科事典

安定の乙女座

かみにちかいそんざい

「安定の乙女座」とは、「聖闘士星矢」シリーズにおいて乙女座の黄金聖闘士が常に神に近い実力を持つ存在であるのを裏付けたもの。

聖闘士星矢シリーズにおいて乙女座担当の黄金聖闘士といえば、とにかくその破格の強さ・美形揃いの容姿と電波とも言われる神がかったキャラクターの強烈さが共通している。

青銅一軍でも最強クラスのフェニックス一輝でも相打ちしきれず、黄金聖闘士の同僚相手にも感覚を剥奪するなど圧倒的に強い。「大地に頭をすりつけこの私を拝め!」などの上から目線台詞のインパクトも強烈。

いちはやく時間を越えてやってくる城戸沙織の存在に気づき、赤子とされた彼女を守りつつ、遠隔操作で水鏡を追撃。どれを選んでも詰みになるえぐい仕掛けで攻撃する。
ただし、他作品の乙女座担当があまりにぶっ飛びすぎているせいか比較的常識的な性格に見える。

冥王軍の本拠地冥界で普通に行動。黄金聖闘士中唯一エイトセンシズに目覚めており、彼の命と引き換えに作られた珠数によってようやくアテナ軍はハーデス軍と互角に戦えることに。
死してもその魂は冥界へ行かず、八感を悟るためにこの世とは異なる領域にあり、普通に現世のデフテロスの元へ行って話しかけたりしている。

「汚れ切っているこの世は一度滅ぼすべき」な思想に賛同する危険人物で上から目線っぷりも健在。
セブンセンシズに目覚めた龍峰ユナすら聖衣をつけずまとめて一蹴。
諦めないレギュラー5人の熱意に心打たれ涙を流して感激、普通ならそれで通すのがお約束かと思いきや聖衣を装着してものすごい形相(視聴者には「変顔」とすら呼ばれた)になり必殺技を放ち完勝。「この極楽で救われろ!」など台詞のインパクトも強い。

何故安定の乙女座なのか?

乙女座といえば、原作におけるシャカを筆頭に、常に神に近い存在であるイメージが強い。
また、たとえ仕えるべき者が悪だと分かっていたとしても、人が皆、善と悪の両方の心を必ず持っているとして黙認している。(その例として、シャカは教皇がサガであることを見抜くも、彼に善の心が残っていることを知っていた)
全員が仏教徒であることもあり、盲目的にアテナに従うことはなく、自身の目で認めるまでは忠誠を誓うことはない。
また技のデパートとしても有名であり、仏教用語やサンスクリット語を交えた何やらよくわからないすごい技を次々と披露してくれる。

関連タグ

聖闘士星矢 聖闘士星矢Ω ロストキャンバス ネクストディメンション
シャカ フドウ シジマ アスミタ

pixivに投稿された作品 pixivで「安定の乙女座」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22969

コメント