ピクシブ百科事典

ローラー(トランスフォーマー)

ろーらー

ローラーはトランスフォーマーシリーズに登場するオートボット(サイバトロン)の一人である。
目次[非表示]

G1


総司令官コンボイの本体を含め、彼を構成する3つのコンポーネントのうちの一つで、コンテナ内に格納されている6輪の自律小型車として登場。小柄車であることを活かし、敵の撹乱やコンボイ本体が侵入できない場所への探索などを行う。

変形機能はなく、劇中でローラーに自我があるかは描かれていないものの、コンボイからはと呼ばれ、マイスター副官からも「ローラーはチビだがタフな奴」と高く評価されており、サイバトロン達にとっては仲間の一人として扱われている。

アメコミ

近年のIDW社のアメコミ『MORE THAN MEETS THE EYE』では、メイン画像で示したようなヒューマノイド型のトランスフォーマーとして登場を果たしている。

戦前のセイバートロン星を描いた『Shadowplay』編に登場する「Point One Percenter」の警察官で、トレーラータイプの護送車に変形する。
当時警察署長だったオライオンパックスラチェットとは親友であった。
フランクな性格でテレビ視聴が趣味、そしていつもあるキャラがパッケージに描かれているエネルゴン飲料を愛用している。このエネルゴン飲料にはサーキッドスピーダー(エネルゴン版覚醒剤)の一種C32が含まれているが、これは精神安定剤の代わりとなっている。

オライオンやある善良な議員らとともにセンチネルプライム率いる一派の弾圧と戦っていたが、ローラー自身はオライオンに対して「彼(議員)にとっちゃ君も駒の一つでしかない」とその関係を注意していた。また仲間のほとんどが特殊能力を持ち合わせているのに、自分はPoint One Percenterであるだけに過ぎず、オライオンは友人の好で自分を仲間にしているだけだとコンプレックスを抱いており、上記のエネルゴン飲料もそのための精神安定剤として飲んでいた。

そして400万年前、アルヨン地方のホットスポットで誕生したスパーク達を、評議会の無差別爆撃から守るために一人爆撃の嵐に飲まれ、行方不明となってしまう。

その後ローラーが死亡したのか生きているのかは長らく不明で、読者やファンの間では、Point One Percenterであることや、様々な状況証拠などから、DJDのターンはローラーなのではないかという推測がなされていたが、#55話でローラー本人はネクロボットに救出されていたことが判明し、別人であった。

ユナイトウォリアーズ

日本国内でローラーというキャラクターは、初代アニメシリーズの視聴者やIDWコミックの読者ぐらいしか永年知ることはなかったが、2015~2016年、玩具展開『ユナイトウォリアーズ』にてワンダリングローラーとして登場が決定した。タカラトミーに掲載されている特典コミックでの元の姿は、IDWコミックのローラーと酷似しているが、最終章(バルディガス編 後編)にてG1世界のローラーであることが明かされた。

元々はサイバトロン戦士であったものの、ユニクロン戦争の最中仲間とはぐれて次元の狭間に迷い込んでしまう。独り仲間の救援を待ち続けたが、次元の狭間に誰も来るはずもなく、信頼していた仲間に裏切られたと考えた彼は絶望と自責に支配され、やがて強い怨念エネルギーを持つようになった。

その怨念エネルギーをユニクロンに感知されてG1の世界に召喚、六輪装甲車に変形するスクランブル合体ボディに再フォーマットされ、グランドガルバトロンに合体可能となった。
長い放浪により記憶の一部を失っているもののサイバトロンの象徴コンボイに対して特に強い憎しみを抱いている。またタクティシアンサイクロナスガルバトロンに対しては助け出してくれたことに深い恩義を感じており、忠誠を誓っている。

最後にはコンボイと和解し、また蘇ることを信じ息絶えたコンボイの遺体を警備する仕事へと就いた。

玩具は『コンバイナーウォーズ』シリーズのプロテクトボット・ルークのリカラー品。グランドガルバトロン合体時は基本左足を担当する。

関連タグ

トランスフォーマー 戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー MTMTE
グランドガルバトロン計画
コンボイオライオンパックスレーザーウェーブ ターン(トランスフォーマー)

pixivに投稿された作品 pixivで「ローラー(トランスフォーマー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2179

コメント