ピクシブ百科事典

ソニック・ザ・ムービー

じっしゃばんそにっく

ソニック・ザ・ヘッジホッグの実写化作品で、実写と3Dのミックス映画。
目次[非表示]

概要

ソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズ初の実写映画化作品。北米の方では「SONIC THE HEDGEHOG」として公開されている。
プロデューサーはワイルド・スピードシリーズを手掛けたニール・H・モリッツ。
当初は2019年公開の予定だったが、後述のソニックのリデザイン問題から延期になった。
日本版の公開日は2020年3月27日だったが、新型コロナウイルスの影響で無期限延期が決定した。日本での非常事態宣言が解除され、新たなる公開日が6月26日に決まった。

New Sonic the Hedgehog



主人公のソニックは当初はリアル感を意識した結果なのか人間の生理的に受け付けがたいデザインへと大きくアレンジされており、世界中のファン(中には日本のオリジナルデザイナーである中裕司も含まれていた)から大バッシングを受け、間もなく公式からデザインの修正とそれに伴う公開時期の延期が告知された。
その後、通達通りソニックの大幅にデザイン変更が行われ、初期トレーラー公開から約6ヶ月後の11月には原作を意識しつつ実写作品としてある程度生物的なリアル感を加えたデザインへと新生したものが新たに公開された。

また、宿敵であるDr.エッグマンは、本作ではエッグマンではなくドクター・ロボトニック名義で登場し、卵体型ではなく偏屈な中年というキャラ付けでジム・キャリーが演じる。ジム・キャリーが悪役を演じるのは非常に珍しく話題を呼んだ。また、特報時には再現度の高いエッグマン姿も見せたため、この点はむしろ好意的に受け取られている。

ストーリーの概要はまだ完全には明かされていない状態だが、どうやらある島で暮らしていたソニックが追われる形で地球に来訪。人目に付かぬよう10年間秘かに暮らしていたが地元住民に目撃されていたらしく、彼の超パワーに気づいたドクターロボトニックが狙い始める。ソニックは偶然出会った警察官のトムに助けを求め、彼と共にロボトニックの野望に立ち向かうと言うという筋書き。
その刺客のリーダーとしてロボトニックは登場する。ソニックとロボトニック(エッグマン)以外の登場は不明だが、恐らく登場しないと思われる。ただし、初代ゲームで登場している彼の故郷「サウスアイランド」と思われる島が描かれている場面は見られ、最新の予告でソニックの育ての親であるロングクローと言う新キャラが登場している。
因みに本作で登場するリングは、原作にはないワープ機能があり、予告でもソニックが目の前にリングを投げて別の場所へ移動するというものを見せている。

ストーリー

生まれ育った島で気ままに暮らしていたソニック。だが、ある事情で地球へとワープすることになり、人間の目から隠れながら10年間の時を一人寂しく過ごしていた。一人暮らしになれた頃、自分の存在を嗅ぎつけたドクターロボトニックに見つかってしまったソニックは、偶然出会った警察官のトムに助けを求めた。マッドサイエンティストであるロボトニックの壮大な世界征服計画を知ったソニックとトムは、野望を打ち砕くために協力して戦いを挑んでいく。

登場キャラクター


ソニック・ザ・ヘッジホッグ
主人公。元は地球とは別の星に住んでいたが何らかの理由で地球で一人ぼっちな暮らしを送っていた。世界征服を企むロボトニックにその未知数な力を狙われ、偶然出会ったトムに助けを求める。本作では、原作ゲームでは描かれなかった幼少期時代が僅かながら描かれている。本編以上に無邪気な性格をしている。

トム・ウォシャウスキー
警察官で本作のソニックの相棒。ソニックと最初に出会った際は悲鳴を上げているが、その後は親友として彼の事情を汲み取り、ロボトニックの野望を阻止するために協力することになる。予告ではあまり触れられていないが家族持ち。

ドクターロボトニック
ソニックに秘められたパワーを悪用しようと企む悪のマッドサイエンティスト。原点のエッグマンと違い、スマートな体形で頭髪が存在する。本作ではオリジナルの追跡メカの他にエッグモービル枠だと思われるハイテクマシンに乗り込む。

ロングクロー
ソニックの育ての親である雌のフクロウ。幼少期のソニックに自分の力を誰にも見られないようにと注意しているが………原作ゲームには登場しないオリジナルキャラクターで、ソニックの家族に近いキャラクターが登場するのはシリーズを通しても初めて。

キャスト

  • ソニック/ベン・シュワルツ(声の出演)/吹替:中川大志
  • トム・ウォシャウスキー/ジェームズ・マースデン/吹替:中村悠一
  • ドクター・ロボトニック/ジム・キャリー/吹替:山寺宏一


ソニックの日本語版声優について


2019年12月10日に日本語吹き替え版の予告編が公開されたが、この時点でゲーム版・アニメ版でソニックの声優を長年勤めている金丸淳一ではなく、別の俳優が吹替を担当する事が確定。

2020年1月22日に吹き替えキャストが発表され、ソニックは俳優の中川大志、ソニックを狙う悪の天才科学者ドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)役を山寺宏一、ソニックの相棒となる保安官トム(ジェームズ・マースデン)役を中村悠一、トムの妻であるマディ(ティカ・サンプター)役を井上麻里奈が担当することが発表された。

他社の作品であるシュガー・ラッシュでも金丸はソニックの声を担当していただけに、これについて多くのファンがショックを受け、賛否両論が巻き起こっている。

そちらではオリジナルを尊重したキャスティングであるのに対し、何故今回は声優が異なるのかというと、これは本国版が関係している。何を隠そう、本家ですら声優はロジャー・クレイグ・スミスからベン・シュワルツに変更されているのである。よってこれは、本国版に準拠したキャスティングであるとも言える。

先のシュガー・ラッシュは本国版でもディズニーが合わせて配慮(ソニックの声がロジャー)したため、日本語吹き替え版もそれに準拠したのだと思われる。

金丸以前にも様々な声優陣がソニックの声を担当している事実もあるとはいえ、それらは世代の変更とともに移り変わっただけの話で、現在の金丸ソニックはようやくオリジナルキャストとして定着した例であり、今回とはまた毛色が違う。このことから、余計にファンの中には強い反感を抱くものもいるが、これはあくまで「海外版準拠のキャスティングだ」という前提は知っておくべきだろう。

なお、テッド(映画)名探偵ピカチュウなど、この手の実写作品において人間以外のマスコットキャラクターや動物の吹き替えを担当するのは芸能人であるケースが多い。
例外としてディズニープーと大人になった僕があるが、こちらはクリストファー・ロビン役の俳優、ユアン・マクレガーの吹替を20年以上、ほぼ一貫して務めていた森川智之を外し、俳優の堺雅人を起用、更に初来日を果たしたユアンに堺を対面させるというパフォーマンスをさせてまで浸透させようとし、賛否両論が巻き起こったこともある。よって、人間側と動物側のどちらに芸能人を担当させるのがベストかを判断するのは非常に難しいのも事実である。

逆に実写版トランスフォーマーはオプティマス・プライム司令官(日本版におけるコンボイ司令官)の声優がオリジナル版と同じ声優なのは日米変わらず(日本版は玄田哲章、アメリカ版はピーター・カレン)で、日本語版は本国版の采配に配慮したためと思われる。

金丸淳一がシリーズそのものから完全降板する、という話ではないようだが、発表前は金丸自身もショックを受けて、胸の内をTwitter内で明かしていた(現在は削除)。しかし気持ちを切り替えた現在は「あくまで僕の演じるソニックとは別のキャラクター」「映画は勿論見に行きます」「別の試みによって新しい層に広まっていくことは喜ばしいことです」と前向きなコメントを残している。

ファンの「金丸バージョンも聞いてみたい」という声が大きくなれば、本家準拠の吹き替えも出る可能性が無きにしもあらずである。例えばシンプソンズ ザ ムービーでは所ジョージら芸能人による劇場公開バージョンに加えて大平透らオリジナルキャスト版が、ダイ・ハード4.0では、野沢那智バージョン(本来はテレビ放送版のキャストであるが、あまりの人気に劇場公開版でも採用された)に加えて、樋浦勉バージョン(DVD・ブルーレイにおける本来のブルース・ウィリスの専属声優)も特別に制作されている。

ただし日本におけるソニック人気は海外と比べると雲泥の差があるため、それだけの声は現実的に集められるかどうかは未知数ではある。

評価

この手のエンタメ映画ではお約束であるが、評論家からの評価はあまり高くない。一方でソニック人気が高い米国では、名探偵ピカチュウを超える勢いで興行収入を伸ばしている。今回は結果としてデザインを変えたことが功を奏したと言える。

しかし他国、特にアジア圏では新型コロナウイルスの影響もあって、宣伝イベントの中止や公開延期などが相次いでおり、出だしにおいて暗雲が立ち込めている。
そして、日本でもイベントの中止が決定し、先行きが不安視されていたが、映画の公開自体も期限を決めず延期となってしまった。

余談

  • 現在判明している情報ではソニックは地球に来てから10年間経過していると公式サイトで紹介されているがもしそうなった場合映画のソニックの年齢は原作ゲームの物に加算すると25歳と言うことになる
  • 但し、新たな予告動画では幼少期のベビーソニックなるキャラが初めて登場したため、原作ゲームの年齢は関係ない可能性がある(ちなみに予告を見る限り、幼少期の頃から猛スピードで走れた様で養母のロングクローからは誰にも見せないようにと注意されていた)。


関連項目

ソニック(ゲーム) ソニック・ザ・ヘッジホッグ 実写ソニック
ハリウッド版
レイトン教授VS逆転裁判…同じく主人公のCVが芸能人に変更された事で本来の担当声優が落胆した作品。

関連記事

親記事

ソニック(ゲーム) そにっくしりーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ソニック・ザ・ムービー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20552

コメント