ピクシブ百科事典

キューボット

きゅーぼっと

キューボットとは、セガゲームスの『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズに登場するキャラクター(メイン画像右の黄色いロボット)。
目次[非表示]

「デイジーデイジー答えをおくれよ♪ おかしくなりそう君への愛でぇえ〜♪」
声-高木渉

概要

ソニックカラーズ』から登場したエッグマンの側近ロボットの一体。
エッグマンの事を尊敬しているが、同じCPUを積んでいるはずのオーボットとは異なり、おつむが弱くうっかり屋の為、オーボットと共に怒られることも多い。
体は収納が可能で、立方体状のコンパクトな姿になる。

一度『ソニックジェネレーションズ』でオーボット共々宇宙に置き去りにされたかのような描写があったが、以降のシリーズにも登場している。

プロフィール

名前キューボット
英名Cubot
身長90cm
体重39kg
特技ボイスチップによる口調と性格変化(ゲーム版)、シュレッダー機能など(アニメ版)


ゲームでは

オーボットのボケ担当。
プロフィールの特技にあるように、ボイスチップの交換で様々な口調や性格に変化する。

劇中を見る限りでは、


など多岐に渡り、元はおやじギャグを連発する性格(北米版ではエッグマンが好きな陽気な性格)だったらしいが、『ソニックロストワールド』以降も語尾に「ッス」を付ける後輩キャラなどで安定していなかった。
テイルスに修理してもらってからはのんびり屋な性格で固定され、エッグマンの呼び方もオーボットと同じく「ボス」となった。

アニメでは

オーボットと同じく、アニメ『ソニックトゥーン』でデビューし、表情も豊かに描かれている。
基本的な口調や性格は『ロストワールド』以降のものと同じだが、海外産のアニメなのでアメリカンジョークを飛ばすキャラクターになっており、なぜか話が進むにつれて声のトーンが無気力になる。

なお劇中では、


などと色々怒られそうな問題発言や、エッグマンの性格や境遇をなじるような毒舌発言が多く、カオスな内容の本作でさらにカオス度が増す要因となっている。

アニメオリジナル設定としてキューボットの試作品達が登場しており、彼らと遭遇した時は王様として崇められていた。因みにキューボットの完成形がオーボットなのだとか。
なぜか再起動音がWindowsXPっぽい。



余談


関連項目

ソニック
Dr.エッグマン
オーボット
愛すべき馬鹿

pixivに投稿された作品 pixivで「キューボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 633

コメント