ピクシブ百科事典

レッドフット

れっどふっと

レッドフットとは、『トランスフォーマー』シリーズに登場するキャラクターの一人である。
目次[非表示]

概要

初出は1994年にリリースされた玩具主導シリーズ『トランスフォーマーG2』であり、当初の日本での表記は「リードフット」だったが、2011年に公開された実写映画3作目『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』では、英語の発音に近づけた「レッドフット」の呼び名に改められた(ガルバトロンガルヴァトロンダイノボットダイナボットのように、実写映画シリーズでは旧来の発音から微妙に修正されているケースが多い)。

トランスフォーマーG2

レーシングカー変形するオートボットのローターフォース即時防衛戦士。
敵のレーダー波を弱める高性能回路を内蔵し、敵に気づかれずに行動する事が可能。
冷静沈着でプレッシャーに強く、右腕に装備されたロトプロップウェポンを撃ち出してディセプティコンを攻撃する。
玩具は円形状のローターを射出するギミックを持った「ローターフォース」の1種であり、運転席後部(ロボットモードでは右腕)に装着されたローターをゼンマイのように回してスイッチとなるリアウイングを押すとローターが回転しながら飛んでいく。
日本では未発売。

実写TF

CV:ジョン・ディマシオ/吹き替え岩崎ひろし
実写映画3作目『ダークサイド・ムーン』と4作目『ロストエイジ』にて登場。
オートボットの技術集団兼特殊部隊「レッカーズ」の戦略家。赤のカラーリングに、メタボリックな体系と禿げ上がった頭が特徴。 全身に多数の銃器を装備したナスカー仕様のシボレー・インパラに変形。
その5年後となる続編の『ロストエイジ』では、CIA直属のオートボット討伐隊「墓場の風」によって殺害され、反トランスフォーマー組織「KSI」(Kinetic Solutions Incorporated)に研究材料として回収されてしまった。地球の危機を救ったにもかかわらず、そのあまりにも無残な最期にはハウンドも(人間に対して)「野蛮すぎる」と嘆いていた。

余談


当初、実写版のレッドフットは「スチールジョー」という犬型マイクロンを連れているという設定だった。後に、ロックダウンの連れていた狼/犬型のトランスフォーマー達がいたが、そのうちの一体が同名になった。この動画は、玩具での設定を活かしたものである。

関連タグ

トランスフォーマー オートボット レッカーズ
トランスフォーマーG2 実写TF

pixivに投稿された作品 pixivで「レッドフット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6494

コメント