ピクシブ百科事典

第707特殊任務大隊

だいななぜろななとくしゅにんむだいたい

「第707特殊任務大隊」とは韓国の特殊部隊。
目次[非表示]

概要

1988年のソウルオリンピックの間に合うよう、ミュンヘンオリンピック事件のようなテロによる最悪な事態が起こる事を防ぐために1981年に創設された韓国陸軍の特殊部隊。
アメリカでいうところのデルタフォースに相当する部隊であり、実際にデルタフォースとも訓練を行っている。
部隊は約200人程度の隊員がおり、14人単位のチームで作戦行動を行う2個対テロ中隊と、彼らのバックアップを行う支援・破壊工作部隊で構成されている。
隊員は男性だけでなく、ハイジャックで食料や医療品を現場に届けるなどの際に、テロリストに脅威と見なされにくいよう女性隊員も所属している。
訓練施設も最新のものを使っており、CQB訓練の際には実寸大のボーイング747の実物大模型を用いている。
10日間に渡る選抜試験はかなり厳しく、志願者の90%は脱落してしまうとのこと。
隊員の全てが空挺やスキューバダイビングの資格を保有しており、テコンドーでも黒帯の実力を持っている。
2019年に部隊の再編成が行われ、名称が707th Special Mission Battalionから707th Special Mission Groupへと変更された。(日本語にすると第707特殊任務群)
各国の様々な特殊部隊とも交流がありデルタフォースから始まり、SAS、SDU、GIGNスペツナズアルファ部隊等とも交流がある。

装備

韓国の自国産のK1機関短銃K2自動小銃、K7SMGの他にイスラエル製のジェリコ941SCARHK416MP7等、狙撃銃はG28やM110など、現在の各国の特殊部隊が使っている有名装備を取り揃えている。
中にはコーナーショットやKel-Tec KSGのようなかなり奇抜なものもある。

創作では

主にレインボーシックスシージに登場したヴィジルとトッケビが有名だろう。

関連記事

親記事

特殊部隊 とくしゅぶたい

兄弟記事

コメント