ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ゴーストリコン
3
UBIソフトのステルスTPSシリーズ作品及び、その作品内に登場する架空の特殊部隊の名称。

概要

ユービーアイソフトが発売する、トム・クランシーの名を冠するミリタリーゲームシリーズ。

最新作は2019年に発売された「Ghost Recon Break Point」。

当初は初期のトム・クランシーゲーム作品のレインボーシックスのエンジンを流用したハードコアな一撃即死の高難易度ミリタリーシミュレーターFPSだったが、シリーズを重ねていくごとにSF要素が入った近未来TPSになり、フューチャーソルジャーからステルス要素が追加され、どんどんと内容はカジュアルになっていき、ワイルドランズからはオープンワールドTPSで舞台が現代になった。

そのため、初期と旧次世代機と現在のゴーストリコンは全てテイストが異なる。(そのせいでブレイクポイントがフューチャーソルジャーの一年後にもかかわらず、かなりドローン以外はかなり近代的だったりと微妙に世界観に矛盾が発生している。)


初代~アドバンスウォーファイター2まで「ゴースト」はアメリカ陸軍の極秘のグリーンベレーから引き抜かれた特殊部隊となっていたが、ワイルドランズからは米軍特殊作戦軍直轄の主にデルタフォースなどから選抜された部隊に変更された。(ちなみに陸軍だけではなく、海軍のNavySEALsからも隊員が引き抜かれるようになった。)


部隊章は三回変わっており、一回目はグリーンのベレーを被った骸骨の下にXM29が描かれているのが最初のパッチであり、二回目はゴーストリコンアドバンスドウォーファイターからフューチャーソルジャーまで使用されたシンプルな簡略化された骸骨のパッチであり三回目は徐々に消えていくような仮面のようなデザインの骸骨に変更されているが、三回目の変更はワイルドランズ時に行われたはずだが、その5年後のフューチャーソルジャーでは三回目のパッチが使用されていないため矛盾している。(ただし、作戦を行う部隊の地域によって差異がある可能性も否めない。)ちなみに、ワイルドランズ一周年記念のパッチは三回目のパッチにグリーンベレーのベレー帽を被らせたものである。


アドバンスドウォーファイター2までは、プラットフォーム間のゲーム機の性能が安定していなかったため、同じタイトルでもPC版とXBOX版、PS版で内容やゲームエンジン、時代背景、視点、時系列が大幅に異なる場合があり、基本性能が高かったPCとXBOX版の方が優遇されている。(アドバンスドウォーファイターはPC、PS2、XBOX版がFPS、XBOX360版がTPSFPS切り替え式。)


ちなみに同じトム・クランシーシリーズのレインボーシックスやH.A.W.X.、スプリンターセルシリーズとは世界観が繋がっており、スプリンターセルカオスセオリーはゴーストリコン2と全く同時期の出来事だったり、ゴーストリコンフューチャーソルジャーで窮地に陥ったゴースト隊員をH.A.W.X.が救ったり、ワイルドランズやブレイクポイントではゴーストリコンとレインボーの隊員が共闘する点などがあげられる。


現場で部隊を率いるリーダーは「ゴーストリード」と呼ばれるがアドバンスドウォーファイター2までは日本語吹き替えでは「ゴーストリーダー」と訳されている。


ゴーストリード

  • スコット・ミッチェル

ゴーストリコン2から登場し、アドバンスドウォーファイター2まで現場でのゴーストリードを務めた主人公。その後は一線を退き、ゴーストリコンの司令官になっているが、2021年に一度だけ現場のゴーストリードに復帰したことがある。エンドウォーの世界線では2020年時点でJSFの将軍になっている。AW~AW2の吹き替えは土田大氏、FS~WLまでは大塚芳忠氏が行っているが、ブレイクポイントでは変更されている。

  • ジョー・ラミレス

ゴーストリコン2からアドバンスドウォーファイター2までミッチェルの部下として戦っていたゴーストで、モブに近いNPCが多いの中で最もキャラが掘り下げられていた。一線を退いたミッチェルの代わりにプレデターチームのゴーストリード(そしてプレイヤーキャラ)になったが、フューチャーソルジャーの冒頭、ニカラグアでの任務で核弾頭の爆発に巻き込まれ、部下共々死亡し、全滅した。これはゴーストリコンの中でも最大の被害だとされているが、翌年の2025年(ブレイクポイント)では32人中26人死亡という被害が更新されている。

吹き替えはFSでは白熊寛嗣氏が担当。

  • 無名のゴーストリード

ゴーストリコンアルファに登場したゴーストリード。30K、ペッパー、チャックを率いてボダークと戦ったが、チャックは戦死してしまった。流暢なロシア語が話せる。吹き替えは堀内賢雄氏が担当しているが、氏は後にワイルドランズのノマドの吹き替えも担当することになる。

  • セドリック・ファガーソン

フューチャーソルジャー本編冒頭にて全滅したプレデターチームの代わりに派遣されたコザック、30K、ペッパーからなるハンターチームを率いたゴーストリード。

吹き替えは乃村健次氏が担当。

  • ノマド

詳しくはノマド(ゴーストリコンシリーズ)にて。


シリーズ

  • 初代
  • デザートシージ
  • アイランドサンダー
  • ジャングルストーム
  • 2
  • 2 サミットストライク
  • アドバンスウォーファイター
  • アドバンスウォーファイター2
  • フューチャーソルジャー
  • ワイルドランズ
  • ゴーストリコンブレイクポイント

関連タグ

レインボーシックス ディビジョン デルタフォース(米陸軍)

概要

ユービーアイソフトが発売する、トム・クランシーの名を冠するミリタリーゲームシリーズ。

最新作は2019年に発売された「Ghost Recon Break Point」。

当初は初期のトム・クランシーゲーム作品のレインボーシックスのエンジンを流用したハードコアな一撃即死の高難易度ミリタリーシミュレーターFPSだったが、シリーズを重ねていくごとにSF要素が入った近未来TPSになり、フューチャーソルジャーからステルス要素が追加され、どんどんと内容はカジュアルになっていき、ワイルドランズからはオープンワールドTPSで舞台が現代になった。

そのため、初期と旧次世代機と現在のゴーストリコンは全てテイストが異なる。(そのせいでブレイクポイントがフューチャーソルジャーの一年後にもかかわらず、かなりドローン以外はかなり近代的だったりと微妙に世界観に矛盾が発生している。)


初代~アドバンスウォーファイター2まで「ゴースト」はアメリカ陸軍の極秘のグリーンベレーから引き抜かれた特殊部隊となっていたが、ワイルドランズからは米軍特殊作戦軍直轄の主にデルタフォースなどから選抜された部隊に変更された。(ちなみに陸軍だけではなく、海軍のNavySEALsからも隊員が引き抜かれるようになった。)


部隊章は三回変わっており、一回目はグリーンのベレーを被った骸骨の下にXM29が描かれているのが最初のパッチであり、二回目はゴーストリコンアドバンスドウォーファイターからフューチャーソルジャーまで使用されたシンプルな簡略化された骸骨のパッチであり三回目は徐々に消えていくような仮面のようなデザインの骸骨に変更されているが、三回目の変更はワイルドランズ時に行われたはずだが、その5年後のフューチャーソルジャーでは三回目のパッチが使用されていないため矛盾している。(ただし、作戦を行う部隊の地域によって差異がある可能性も否めない。)ちなみに、ワイルドランズ一周年記念のパッチは三回目のパッチにグリーンベレーのベレー帽を被らせたものである。


アドバンスドウォーファイター2までは、プラットフォーム間のゲーム機の性能が安定していなかったため、同じタイトルでもPC版とXBOX版、PS版で内容やゲームエンジン、時代背景、視点、時系列が大幅に異なる場合があり、基本性能が高かったPCとXBOX版の方が優遇されている。(アドバンスドウォーファイターはPC、PS2、XBOX版がFPS、XBOX360版がTPSFPS切り替え式。)


ちなみに同じトム・クランシーシリーズのレインボーシックスやH.A.W.X.、スプリンターセルシリーズとは世界観が繋がっており、スプリンターセルカオスセオリーはゴーストリコン2と全く同時期の出来事だったり、ゴーストリコンフューチャーソルジャーで窮地に陥ったゴースト隊員をH.A.W.X.が救ったり、ワイルドランズやブレイクポイントではゴーストリコンとレインボーの隊員が共闘する点などがあげられる。


現場で部隊を率いるリーダーは「ゴーストリード」と呼ばれるがアドバンスドウォーファイター2までは日本語吹き替えでは「ゴーストリーダー」と訳されている。


ゴーストリード

  • スコット・ミッチェル

ゴーストリコン2から登場し、アドバンスドウォーファイター2まで現場でのゴーストリードを務めた主人公。その後は一線を退き、ゴーストリコンの司令官になっているが、2021年に一度だけ現場のゴーストリードに復帰したことがある。エンドウォーの世界線では2020年時点でJSFの将軍になっている。AW~AW2の吹き替えは土田大氏、FS~WLまでは大塚芳忠氏が行っているが、ブレイクポイントでは変更されている。

  • ジョー・ラミレス

ゴーストリコン2からアドバンスドウォーファイター2までミッチェルの部下として戦っていたゴーストで、モブに近いNPCが多いの中で最もキャラが掘り下げられていた。一線を退いたミッチェルの代わりにプレデターチームのゴーストリード(そしてプレイヤーキャラ)になったが、フューチャーソルジャーの冒頭、ニカラグアでの任務で核弾頭の爆発に巻き込まれ、部下共々死亡し、全滅した。これはゴーストリコンの中でも最大の被害だとされているが、翌年の2025年(ブレイクポイント)では32人中26人死亡という被害が更新されている。

吹き替えはFSでは白熊寛嗣氏が担当。

  • 無名のゴーストリード

ゴーストリコンアルファに登場したゴーストリード。30K、ペッパー、チャックを率いてボダークと戦ったが、チャックは戦死してしまった。流暢なロシア語が話せる。吹き替えは堀内賢雄氏が担当しているが、氏は後にワイルドランズのノマドの吹き替えも担当することになる。

  • セドリック・ファガーソン

フューチャーソルジャー本編冒頭にて全滅したプレデターチームの代わりに派遣されたコザック、30K、ペッパーからなるハンターチームを率いたゴーストリード。

吹き替えは乃村健次氏が担当。

  • ノマド

詳しくはノマド(ゴーストリコンシリーズ)にて。


シリーズ

  • 初代
  • デザートシージ
  • アイランドサンダー
  • ジャングルストーム
  • 2
  • 2 サミットストライク
  • アドバンスウォーファイター
  • アドバンスウォーファイター2
  • フューチャーソルジャー
  • ワイルドランズ
  • ゴーストリコンブレイクポイント

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    雨乃家路(漫画) / 夢見るライオン(原作) / セカイメグル(キャラクター原案)

    読む

pixivision

カテゴリー