ピクシブ百科事典

トム・クランシーシリーズ(ゲーム)

とむくらんしーしりーず

「トム・クランシーシリーズ」とはUbisoftが制作しているゲームシリーズ。

概要

「トム・クランシーシリーズ」とは同名の小説家が起業したRed StormEntertainmentというゲーム会社で氏の小説を原作としたゲームを制作し始めた。
その後、その会社はUbisoftに買収され現在に至る。
初期の作品にはトム・クランシー氏が関わっており、リアル路線の一撃即死のハードコアなゲームというよりはシミュレーター的な内容がウリだったが、そのせいで難易度が高く人を選ぶ内容だった。
しかし年々リアル要素は薄まっていき、シューターゲームとしての要素が強まっていった。
クランシー氏の没後は最早「トム・クランシー」の名を冠しているだけで初期のリアルな作品とは別物のカジュアルシューターと化しており、その代表的な例はディビジョンだろう。

その上、そもそもレインボーシックス以外はトム・クランシー氏が監修しているだけであり、氏の小説が原作ではない。

このフランチャイズの特徴は基本的にレインボーシックスから始まり世界観が繋がっている事である。
エンドウォーやワイルドランズのナルコロードと言った一部の作品は別の世界線が舞台となっている。

一部の作品は海外限定でGBAに横スクロールアクションにして移植した物やPSPオリジナルの作品や、グラフィック能力などを下げて移植した物が発売されていた。

ハードによってゲーム内容が異なる場合があり、PS2/XBOXの時代はそれが顕著であり、基本的にPCとXboxはグラフィック面、システム面などで優遇されていたが、現在ではその差は無くなっている。

しかし、その世界線が繋がっているという設定のせいで「第二次朝鮮戦争が起こり、空軍をPMCに任せた結果PMCが肥大化してアメリカが宣戦布告されたり、感染症が広がった結果アメリカの大都市の機能が麻痺して大統領が拉致されたり、そんなことが起きてるのにレインボーシックスは永遠と訓練を行って出動せず、その上でメキシコに宇宙から寄生虫が降ってくる。」等、中々にカオスで矛盾していることになっている。(主にアメリカがガタガタ)

シリーズ

関連記事

親記事

Ubisoft ゆーびーあいそふと

子記事

兄弟記事

コメント