ピクシブ百科事典

SWAT

すわっと

アメリカの各州警察に存在する特殊部隊。

銃社会アメリカだからこそ起きる凶悪犯罪

アメリカ銃社会である。
そのため銃規制があるのだが、それでも銃を使う犯罪がある。
そして警察これに対する対抗策を持っていなければいけなかったが、1960年代までの警官の装備は拳銃のみで、パトカーにショットガンかライフル(AR-15などではなくM1カービンやボルトアクションライフルなど)であった。
そしてこの十分とは言えない装備が続く中、1966年にテキサスタワー乱射事件が発生し、事件を管轄したオースティン市警察は対応し切れず、結果として、警察官を含む15名が死亡した。

これを契機にロサンゼルス市警がアメリカ初となる警察系特殊部隊Special Weapons Assault Teamを設立した。

主な任務は立てこもりなどの最悪事態における突入である。
軍隊系と違い発砲して裁判になることもあるので警察の最後の手段としている。
ローカルな事件に後手の対応という事が多かったが、現在では麻薬組織やテロリストといった州や国を跨ぐような組織犯罪にも対処する必要があり、他の警察組織との繋がりと共に装備が強化され、即対応できるような組織に変化している。

普段は普通の制服警察官として勤務し、必要であれば召集される。
また、SWATスナイパーのような専門的な技能を有する人員は専任となる場合もある。

装備は当時の通常の警官と違いAR-15スポーターや狙撃銃閃光弾、ガスグレネードランチャーといったものを使う。

またSWATは設立されておらず同様の事件を担当する部隊も、アメリカ全土には存在する。たとえばニューヨーク市警のESUFBIHRTなどである(彼らは証人の保護が第一であるため、犯人の殺傷に至ることもある)。

服装に関しては全身黒ずくめや紺色の服に黒の装備といった格好が一般的だが、訓練時や出動の際、特に郊外地域では迷彩服を着用する事もあり、服装は様々である。
最近では黒系よりも迷彩効果の高いUCPマルチカムといった迷彩服を着用して活動することも増えている。
装備メーカーも黒系装備の製造は減りつつあり、コヨーテタンやレンジャーグリーンのような単色やマルチカムやデジタルパターンなどの迷彩柄が主に製造され、黒系は受注生産という事が多く、物によっては黒系は単色のものはなく、A-TACS LEやkryptek typhon、MULTICAM BLACKといった黒系迷彩のみとなっている事もある。
装備もPMSCs軍隊と変わらないものを用いていることから、SAWTのパッチといった組織を示すものが見えないと州兵陸軍等と区別が付かない事がある。

SWATのテーマ

映画S.W.A.Tより

pixivに投稿された作品 pixivで「SWAT」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193661

コメント