ピクシブ百科事典

警察本部

けいさつほんぶ

警察本部とは、都道府県警察の本部である。また、その庁舎を指す。
目次[非表示]

概要

都道府県警察の本部として、警察法2条の事務を執行するために設置されるもので、警視庁東京特別区内に警察本部は道府県庁所在地に置かれる。

都道府県知事の所轄下に置かれる都道府県公安委員会の管理のもとで政治的に中立・民主的に運営されている。
給与支払者は当該の警察本部の都道府県知事である。

警察庁との関係

警察本部は当該の都道府県内の治安を一手に担う地方官庁であるが、中央の警察庁の統制を受けまた、警察本部の幹部警察官などは警察庁出身である。
また、警察庁の地方機関である管区警察局に管轄されている(北海道警察と警視庁は除く)。
そのため、日本の警察組織は中央集権型に分類されることがある。

構成

職員

地方警務官-警視正以上の階級の幹部警察官は、国家公安委員会が任免権を有する国家公務員である。
地方警察職員-地方警務官を除く警察官で地方公務員である。

組織

都道府県警察には警察本部、警察学校、警察署交番が置かれ、必置部署として警務部、刑事部、警備部、交通部、生活安全部が置かれる。必要に応じて各警察本部で上記以外の部署を置ける(警視庁の公安部など)。

警視庁

東京都の警察本部は首都警察も兼ねているため、警視庁と呼ばれる。これは、戦前から継承したものである。長も警視総監で警察官の最高階級でもある。

北海道警察本部

北海道警察は管轄区域が広いため、函館市旭川市北見市釧路市に方面公安委員会と方面警察本部が置かれる。

政令指定都市を含む府県警察本部

大阪府京都府宮城県埼玉県千葉県神奈川県新潟県静岡県愛知県兵庫県岡山県広島県福岡県熊本県政令指定都市内に市警察部を置く。

警察本部の一覧

管区警察局警察本部
管区警察局の管轄外警視庁北海道警察
東北管区警察局青森県警察岩手県警察宮城県警察秋田県警察山形県警察福島県警察
関東管区警察局茨城県警察栃木県警察群馬県警察埼玉県警察千葉県警察神奈川県警察新潟県警察山梨県警察長野県警察静岡県警察
中部管区警察局富山県警察石川県警察福井県警察岐阜県警察愛知県警察三重県警察
近畿管区警察局滋賀県警察京都府警察大阪府警察兵庫県警察奈良県警察和歌山県警察
中国管区警察局鳥取県警察島根県警察岡山県警察広島県警察山口県警察
四国管区警察局徳島県警察香川県警察愛媛県警察高知県警察
九州管区警察局福岡県警察佐賀県警察長崎県警察熊本県警察大分県警察宮崎県警察鹿児島県警察沖縄県警察


関連タグ

警察都道府県
皇宮警察本部-警察本部の名が付くが本記事の警察本部ではなく、警察庁の附属機関。

コメント