ピクシブ百科事典

皇宮警察

こうぐうけいさつ

皇宮警察とは、日本の警察組織の一つである。
目次[非表示]

概要

警察庁の附属機関の一つで、天皇皇族の護衛とその住居など(皇居、御所、正倉院など)を警護する警察組織。所属員のほとんどは「皇宮護衛官」と呼ばれる国家公務員である。トップは本部長(階級は皇宮警視監)で、宮内庁の職員を兼務する。

音楽隊や騎馬隊など皇室関連の行事を彩る部隊も所属しており、正規軍が存在しない日本では近衛兵のような役割も持っている。

警備部では、警察組織で唯一消防活動も行っている。また、皇宮警察の消防車は「警防車」と呼ばれ火災予防を徹底している。

また、警察組織の中で女性職員の比率が最も高い組織で、これは女性皇族も護衛しなければならないため、一定数の女性護衛官が採用されている。とくに、近年の皇室の構成は女性皇族が多いためその傾向が強い。

年表

明治19年(1886)、宮内省主殿寮に皇宮警察署が創設。これが、皇宮警察の起源とされている。
明治41年(1908)、主殿寮警察部となる。
大正10年(1921)、宮内大臣官房皇宮警察部になり、主殿寮が廃止。
昭和16年(1941)、宮内省警衛局が新設し皇宮警察はこの一部門となる。
昭和20年(1945)、宮内府に禁衛府が新設。禁衛府は皇宮警察部と皇宮衛士総隊(旧近衛師団)で編制。しかし、GHQの占領政策に合わず昭和21年(1946)に廃止。
昭和22年(1947)、警視庁に皇宮警察部が移管。
昭和24年(1949)、国家地方警察本部の外局として皇宮警察本部が新設し、昭和29年(1954)に警察法施行とともに警察庁へ移管し現在に至る。

歴史

宮内省皇宮警察

明治維新を経て近代化を進めるなかで、新たな皇室の護衛体制作りに着手した。旧来は、律令体制下の六衛府(形骸化し形式的なものになっていた)と時の政権下の武士達が宮中の警備をしていた。そこで政府は、時の政権に左右されないため「宮中・府中の別」とされていた宮内省側に警衛部門を任せた。そして、明治19年(1886年)、宮内省主殿寮に皇宮警察署が創設。これが、皇宮警察の起源とされている。皇宮警察は、陸軍近衛師団とは異なり、徴兵によって頻繁的に近衛兵が入れ替わっていたのに対し、皇宮警察側は宮内省管轄下だったため宮中との意志疎通がとれていた。
職員の官職名は皇宮警察官と現在とは異なるが、任務に違いはほとんどない。しかし、当時は「聖域に犯罪なし」という考えがあったため、犯罪捜査権などの司法警察権がなかった。

禁衛府

戦後、武装解除されるなかで近衛師団の解体は避けられず、皇室の安全を確保するため、皇宮警察と近衛師団が統合し昭和20年(1945年)に禁衛府が組織。英訳はImperial Police Guardと警察組織を強調していた。禁衛府は、旧皇宮警察の皇宮警察部と旧近衛師団の皇宮衛士総隊で構成されており、ここで初めて女性職員も採用された。短期間であるが、職員の募集・採用・教育を施し後に皇宮護衛官宮内庁職員になった者もいた。しかし、GHQ側に再軍備化の温床となると警戒され翌年には解散させられた。

警視庁皇宮警察部

禁衛府解散後、昭和22年(1947年)に皇宮警察部が警視庁へ移管。ここで、官職名が皇宮護衛官となる。その後、警察庁に移され現在に至る。

組織

皇宮警察本部
警務課 監察課 教養課 会計課 厚生課
護衛部
(護衛第一課 護衛第二課 護衛第三課 侍衛官)
警備部
(警備第一課 警備第二課 特別警備隊)
護衛署
(吹上護衛署 坂下護衛署 赤坂護衛署 京都護衛署)
皇宮警察学校

関連項目

日本警察警察庁宮内庁
天皇皇室
近衛兵親衛隊近衛師団

pixivに投稿された作品 pixivで「皇宮警察」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1171

コメント