ピクシブ百科事典

ヒドラパーンヘッダーのロー・オ・ザー・リ

ろーどおぶざりんぐ

ヒドラパーンヘッダーのロー・オ・ザー・リとは『地球救星計画』の為にブラジラが生み出したダークヘッダーの1体。(イラスト左)
目次[非表示]

「お前達が『守りたい』と吐かす命とやら、どれ程取るに足りぬ物か、俺が答えてやる!」
CV:家中宏

データ

身長:209cm (巨大化時52.3 m)
体重:320kg (巨大化時816.0 t)
分類:ダークヘッダー
属性:空
特技:変形能力、突貫の呼び輪
役割:地球救星計画完遂の為に空を汚すネガー・エンドの楔となる
趣味:沈黙

概要

地球救星計画の為にブラジラが生み出した3体のダークヘッダーの内の1体で、彼によって生み出されたゴセイヘッダーが超進化の末、邪悪な意志に従い行動する様になった存在。ギリシャ神話でお馴染みの無数の頭部を持つ魔竜であるヒドラと羊人のパーンをモチーフに生み出された。他のナモノ・ガタリバリ・ボル・ダラ同様にまるで阿修羅の如く3つのの頭部が融合し、更に中央の頭部の上にもう1つの羊の頭がくっ付いた姿をしている。そして武器としてドリルの特性を混合されており、羊の角の部分にその意匠を見る事が出来る。

こちらも他の2体と同様頭部ごとに異なる人格を有しており、黄色い目をした最上部の頭が喜びのロー、同じく黄色い目をした右の頭が怒りのオ、赤い目をした左の頭が哀しみのザー、そして青い目をした中央下部の頭が楽しみのリである。

頭ごとに喜怒哀楽がバラバラであるにも拘らず、全方位に目を光らせる4体のコンビネーションは他の2体同様に完璧と言う史上最強のヘッダーであり、戦闘ではドリルと化した全身の角を高速回転させながら突撃する戦法を得意とする他、回転数を極限に上げる事で衝撃波を光線のように放つ事も出来る。また、バリ・ボル・ダラと同様にヘッダー形態では攻防一体のブラジラの無敵の片腕となる。

活躍

2つ目の楔を撃ち込む事に成功したブラジラは、ダークゴセイナイトを3本目の楔であるかのように見せかけてアラタを誘き出す。何も知らずにブラジラの筋書き通りに駆け付けたレッドは、彼を説得しようとしてそのまま交戦。一方、望の看病のためにエリを欠いた3人がそれでもアラタを援護しようとした所、ロー・オ・ザー・リが足止め役として送り込まれる。

戦いの最中、望の看病を終えてエリが駆け付けたのを見計らい、ロー・オ・ザー・リはビービ虫の力で巨大化。リの両目からの光線や両腕のドリルでゴセイアルティメットを追い詰めるが、データスハイパーの乱入により形勢が逆転、そのままデータスダイナミッククラッシュとアルティメットストライクを連続で受け爆散した。

だがその直後、ゴセイジャーの目の前でロー・オ・ザー・リが空を汚す第3のネガー・エンドの楔へと変貌してしまう。そう、ダークゴセイナイトが儀式に必要な最後の楔だと言うのは5人にロー・オ・ザー・リが楔では無いと思い込ませ、何の躊躇いも無く倒す様に仕向ける為の真っ赤な嘘だったのだ。

まんまとゴセイジャー達を騙してロー・オ・ザー・リを最後の楔に変える事に成功したブラジラ。自身の思惑通りに最後の楔が市街地に突き刺さったのを受け次回、ついにブラジラは地球救星計画の最終段階に取り掛かる事となる。

余談

裏モチーフはシーイックゴセイグレートで、名前の由来はロード・オブ・ザ・リング

ナモノ・ガタリがランディック、バリ・ボル・ダラがシーイックと言う具合にそれぞれの属性のゴセイグレートと戦ったの対し、このロー・オ・ザーリだけは例外的にスカイックゴセイグレートと戦わずに終わると言う結果に終わってしまった。

声を演じた家中氏は今作がスーパー戦隊シリーズ初出演となる。

関連リンク

天装戦隊ゴセイジャー 悪しき魂 地球救星計画
ヒドラ アイギパーン

関連記事

親記事

ダークヘッダー だーくへっだー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒドラパーンヘッダーのロー・オ・ザー・リ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6

コメント