ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

使命と誇りで、守りぬく!

概要

救急戦隊ゴーゴーファイブ』と『星獣戦隊ギンガマン』のクロスオーバー作品であるスーパー戦隊Vシネマ第6弾。20世紀最後のスーパー戦隊Vシネマでもある。Vシネマオリジナルの巨大ロボ(超装光ビクトリーマーズ)が初登場するほか、本作品以降ゲスト側戦隊の6人目の戦士も登場するようになった。また本作以降OPの映像がVシネマオリジナルのものに変更された。

ギンガマンリョウマの発言からゴーゴーファイブの存在を知っているようで、逆にゴーゴーファイブはギンガマンを青山勇太の父・晴彦(本作には未登場)の描いた絵本のキャラクターとして認知していた。

なお、レーザーディスクで発売された最後のスーパー戦隊Vシネマでもある。


ストーリー

ある雨の夜、黒衣の集団と対峙するリョウマ/ギンガレッド。同じころ、大魔女グランディーヌ「闇が動いておる」という意味深な発言を溢した。

翌日、浜辺で訓練していたゴーゴーファイブは、昼食中かつてギンガマンの協力者だった青山勇太と出会う。そんな彼らの前に、傷だらけになったリョウマが現れる。さらにはリョウマに襲い掛かる黒フードの三人組の姿が出現。リョウマ曰く、彼らは闇から現れる点以外は一切の素性が分からないとのこと。

ベイエリア55に一時撤退した一同。知恵の樹モークの知らせを受け、異常な反応が検知された場所に向かったゴーゴーファイブは残りのギンガマンと合流。彼等の前に現れたのは、災魔一族の真の長男を名乗る怪人、闇王ギルが出現した。


登場キャラクター

救急戦隊ゴーゴーファイブ



星獣戦隊ギンガマン




オリジナルキャラクター


関連タグ

救急戦隊ゴーゴーファイブ 星獣戦隊ギンガマン

スーパー戦隊VSシリーズ

救急戦隊ゴーゴーファイブ 激突!新たなる超戦士←本作→未来戦隊タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ

関連記事

親記事

スーパー戦隊VSシリーズ すーぱーせんたいぶいえすしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました