2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ベイエリア55

べいえりあごーごー

ベイエリア55とは、特撮テレビドラマ『救急戦隊ゴーゴーファイブ』に登場する基地。
目次[非表示]

スペック

  • 全高:55m
  • 全幅:155m
  • 重量:55555t


概要

ゴーゴーファイブの本拠地である、大型格納基地。建造者は巽モンド
東京湾内、海ほたるパーキングエリア近辺に所在し、普段は海中にて待機状態にあるが、災害発生時や巨大サイマ獣出現時には海上へと上昇し、格納されているゴーライナーを発進させる。またその際にはレインボーブリッジが移動し、基地前部から伸びるレールの先と連結することで地上への誘導路として機能する。
物語後半からは、マックスライナーの格納・発進基地として、ベイエリア55の右側に「マックスエリア」も新設され、マックスライナーを先頭車として連結した「スペースゴーライナー」の発進の際にはその発射台としても機能するようになった。

内部にはゴーライナーの格納スペースや、それらも含めた各種マシンの整備スペースが設けられており、上部の司令室にはモンドやアナライズロボ・ミントが常駐し、マシンの発進やゴーゴーファイブへの指揮を行う。また基地内の全システムは、ここからカードキーを使って管理されているが、後述の非常事態などに際しては手動操作に切り替えることも可能となっている。
浮上時には強力なシールドで守られており、外部からの攻撃を寄せ付けないが、物語終盤(第40話)ではコボルダの発案による爆弾虫作戦により、内部から破壊されかけたこともあった他、最終決戦の際には大魔女グランディーヌが発生させた巨大津波に飲み込まれ、マックスエリア共々水没してしまった。
災魔一族との戦いが終わった後も、ベイエリア55はそのまま海中に没したままとなっているようで、TVシリーズの後日談に当たるOV『未来戦隊タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ』でも、整備・修復環境を失った各種マシンが使用できない状況にあったが、モンドの発案によりタイムロボの機能を利用し、「各種ロボが健在な1999年当時から制限時間付きで召喚する」という力業でビクトリーロボを出現させ、2大戦隊の巨大ロボの共闘を実現させている。

関連タグ

救急戦隊ゴーゴーファイブ ベイエリア 巽防災研究所

スーパー戦隊の基地の系譜
シルバースター乗馬倶楽部ベイエリア55トゥモローリサーチ

関連記事

親記事

巽防災研究所 たつみぼうさいけんしゅうじょ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 410

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました