ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

畠山麦

はたけやまばく

「秘密戦隊ゴレンジャー」の「キレンジャー/大岩大太」役で知られる俳優。

オーバーフローアダルトゲームCrossDays」の登場人物「畠山麦」は、「はたけやま むぎ」と読む。→「CrossDays」の記事へ


概要

1944年生まれ。長野県出身。本名は畠山昭夫(はたけやま あきお)。

陸上自衛隊を経て役者の道へ進む。


柔道一直線」や「ガッツジュン」等のドラマに出演後、「ウルトラマンA」・「仮面ライダー」・「ミラーマン」・「流星人間ゾーン」のゲスト出演を経て、1974年放映の円谷プロの「猿の軍団」に人間を憎む猿の警察署長ゲバーを演じ、翌1975年スタートの東映スーパー戦隊シリーズ第1作「秘密戦隊ゴレンジャー」では、初代キレンジャー大岩大太役でレギュラー出演。途中、出演する舞台とのスケジュールの問題で一時期降板するものの放送中に復帰し、子供目線のひょうきんで愛くるしいキャラクターを好演して、戦隊イエロー=カレー好きor戦隊イエロー=巨漢のイメージを定着させた。


ちなみにゴレンジャーの俳優陣ではメンバー最年長であり、歴代のスーパー戦隊の戦士の演者の中でも最年長かつ唯一の戦前生まれである。


※なお、第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」の段階で、カレー大好きを強調した黄色は初代キレンジャーと「太陽戦隊サンバルカン」のバルパンサー豹朝夫だけで、次郎さん体型な黄色もまた、初代と2代目キレンジャーと、「大戦隊ゴーグルファイブ」のゴーグルイエロー黄島太と「鳥人戦隊ジェットマン」のイエローオウル大石雷太だけだったりする。


かつて漫画家・すがやみつるの従兄弟が経営していた芸能事務所に畠山が所属しており、師匠の石ノ森章太郎宅に東映プロデューサー平山亨が「秘密戦隊ゴレンジャー」のキャストについて打ち合わせにきた際、すがやが友人の畠山をキレンジャー役に推薦し、その場で即決となった。


その後は、映画やドラマに出演。ゴレンジャー収録時に家が近い事で車に同乗させてもらっていた宮内洋主演の「快傑ズバット」に用心棒のテニスの陣太郎で出演した。これは宮内が、畠山に「ぜひ出演してほしい」と直接オファーしたからである。


しかし、ゴレンジャー時代の共演者・誠直也が出演した「特捜最前線」の収録待ちをしている最中の1978年7月13日に自ら命を絶った。

誠氏本人のコメントによると、特捜最前線の収録でNGを連発する畠山を気遣い「明日のロケが終わったら飲みに行きましょう」と声をかけ、畠山も愉しみにしていた。しかし翌日も畠山の撮影はなかなかOKが出ず、先に撮影を終えた誠は翌日の再会を約束し、やむを得ず先に帰る。

翌朝は火葬場でのロケから開始したが、一向に現場に現れない畠山を心配したマネージャーが自宅を訪ねると、自宅で首を吊った状態で亡くなった姿を見てしまい、ショックを受けたという。

誠はこの突然の事態について、「ツラかったよ、あれは……」と後年のインタビューで語っている。


友人であったすがやも当時、自分が気をきかせて売り込んだことに責任を感じ、滅入っていたことを明かしている。


『猿の軍団』で共演した潮哲也とも仲が良く、飲食店に出かけ、一緒に飲みに行く間柄であった。支払いが不足した場合は畠山が支払っており、潮も畠山の自殺を知った際、「面倒見の良い人物で、後年訃報を聞いたときはショックだった」と述べている。


関連タグ

秘密戦隊ゴレンジャー キレンジャー 大岩大太 宮内洋

スーパー戦隊シリーズに出演した俳優の一覧

関連記事

親記事

男優 だんゆう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2107

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました