ピクシブ百科事典

ハニワ腹話術師

はにわふくわじゅつし

『五星戦隊ダイレンジャー』に登場する怪人・ゴーマ怪人の1体。(イラスト左)
目次[非表示]

「またしても違ったか!愚かな人間の子供など、石でたくさんだ!」
『石だ石だ!アハハハハ…アハハハハ…』
CV:増岡弘
登場話: 第16話「ゴロゴロ子供石」

概要

埴輪を模した容姿のゴーマ怪人で、腹話術師の名の通り小さな古代人形を連れており、強力なラッシュの「ハニワ拳・地獄突き」や指先から放つ糸で敵を操る「秘技・人形操り」を使う。しかし本体は古代人形に見える小さな方。等身大の方は単なる戦闘用のデコイで、本体の両目を光らせることで何度でも復活する。
本体の両目から放つ赤い怪光線でゴーマの血を持つもの以外を石化させる。これによってゴーマの素質を持つ人間を見つけだして改造し、人間を襲わせる作戦を展開。

活躍

子供に次々と光線を浴びせ、なかなか血を引く者が現れず苦労する中、大五と心を通わせた少女・ユキが石化せず、ゴーマの血を引くと知って拉致しようとするも、そこに駆け付けたシシレンジャーと応戦(実際はガラを追うクジャクが彼女の居場所を特定する囮にするためユキに催眠術をかけており、石にならなかったのというが真相)。 秘技・人形操りで彼を殺害しようとするも、クジャクの横槍を受けて失敗し、ユキを拉致してガラと共に撤退。

再戦時にはシシレンジャーを迎えうち、ハニワ拳・地獄突きや無限の復活能力で苦しめるも、クジャクの助言により古代人形こそが本体だと見破られ、シシレンジャーの放つダイバスターに倒れる。

その後巨大化爆弾を起爆させ巨大化する。
大連王に剣や人形操りで挑むも、最期は大王剣・疾風怒濤を喰らい爆散した。

余談

Opでは自転車を漕いでおり、ダイレンジャーOPおよび映画『E.T.』のパロディを行っている。

本体の方の頭部は後の『激走戦隊カーレンジャー』の9話にて、宇宙のスピード王マックスのレースを見物するモブ宇宙人の1体に流用された。

彼のモチーフと能力は終盤における一部のゴーマ族に張られた伏線だったのかもしれない。

関連タグ

ゴーマ族 ゴーマ怪人

関連記事

親記事

ゴーマ怪人 ごーまかいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハニワ腹話術師」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54

コメント