2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ゴーマ族が使用する巨大化用のアイテムで、銀色の球形をした爆弾

一般のゴーマ怪人だけでなく、ガラ中佐ザイドス少佐のような幹部クラスも携帯している。通常時に巨大化爆弾を複数個収納しているトランクも存在し、蓋の内側は遠くの場所を映し出すモニターとしても機能する。

使用の際には、本体の頭頂部に取り付けられた小さい球形のピン(※1)を引き抜き、足元に叩き付ける事で起爆させ、その際生じた爆発のエネルギーを吸収して巨大化する。このように一応のロック機構こそあれど、安全性には少なからず難があり、本人に巨大化の意志がないにも拘らず、落としたりぶつけた弾みで簡単に誤爆し、なし崩しに巨大戦に突入するパターンも何度かあった。

その形状はゴーマが前線の拠点や、本拠であるゴーマ宮の周辺に浮かべている巨大な球体に近似しているが、それらとの関連性については特に言及されていない。

※1 ピンの方も本体と同じ球形であるためか、ザイドスが2度目の巨大化の際、間違ってピンの方を叩きつけそうになり、寸前で気が付いて「こっちだぁー!」と改めて爆弾本体を投げ直した事もある)

効果の範囲

巨大化の効果はあくまで一過性のものであり、仮に巨大戦で敗北しても完全に爆散するような致命傷を負わなければ、一定時間後に元のサイズに戻る事ができる。

実際にパチンコ大名人のように、突如出現した大神龍から踏み潰されそうになって慌てて逃げ出し、その勢いで等身大に戻るといったケースも存在する他、ザイドスやゴーマ3ちゃんズが2回使用し(※2)、2回とも命辛々生還しているところから、この手の巨大化用アイテムにありがちな命が縮むようなデメリットはないことが窺える。

さらにメディア魔術師のように等身大の状態で死亡した怪人であっても、その亡骸に投げつけ爆発させる事で生者と同様に巨大化・再生を可能とするが、その際生前の自我は失われるようで、戦闘中も終始無言のままとなる。

※2 ゴーマ3ちゃんズが2度目に巨大化した際には、正確には巨大化爆弾そのものではなく野球のヘルメットに取り付けてあった爆弾が起爆した事によるもので、形状こそ異なるものの巨大化爆弾と同様の仕掛けがなされていたものと見られる。またこの直前に別のヘルメットの爆弾が起爆し、テンマレンジャーもその爆発に巻き込まれているが、彼の転身を解除させる以外には特に異変が生じなかったことから、ゴーマ族以外の人間には巨大化の効果は働かない事が窺える)

海外版

スーパー戦隊シリーズの英語版ローカライズ作品『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』にも、第2シーズンにて同様の効果を持つアイテムとして登場する。こちらでは原典とは使用のプロセスが異なり、宇宙からロード・ゼッドが投げつけた物を、地上のモンスターが受け取り爆発させるというものとなっている。

関連タグ

五星戦隊ダイレンジャー ゴーマ族 ゴーマ怪人 巨大化

巨大化の系譜

ドーラセプター巨大化爆弾妖怪エネルギーの落雷

関連記事

親記事

ゴーマ怪人 ごーまかいじん

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました