ピクシブ百科事典

飛鳥

あすかまたはひちょう

読みは「ひちょう」「とぶとり」「あすか」。さまざまな意味を持つ語。
目次[非表示]

飛鳥とは

  1. (あすか)奈良県高市郡明日香村のこと。また、その付近一帯の称。 → 明日香 / 明日香村
  2. (とぶとり)和歌地名明日香」にかかる枕詞として用いられる語。「飛ぶ鳥」とも書く。これが転じて「飛鳥」と書いて「あすか」と読むようになった。
  3. (ひちょう)空を飛んでいる。また、非常に動作の速いさまをたとえていう。

『飛鳥』という名の人物・キャラクター

実在の人物


架空のキャラクター


コンビ・グループタグ


商品名


乗り物


企業・団体名


地理・歴史

  • 飛鳥時代6世紀末から7世紀にかけて、飛鳥地方をとした推古を中心とする時代。この時代に飛鳥京が置かれた。範囲については諸説ある。
  • 河内飛鳥:大阪府にある地名。
  • 飛鳥(大和飛鳥):古代日本における朝廷(飛鳥宮)と都(飛鳥京)の所在地。現在の奈良県にある。


表記揺れ

あすか アスカ 明日香 阿須賀 安宿

関連タグ

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「飛鳥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6601881

コメント