ピクシブ百科事典

市村鉄之助

いちむらてつのすけ

市村鉄之助とは、新撰組隊士。
目次[非表示]

概要

市村鉄之助とは、新撰組隊士。

安政元年(1854年)、美濃大垣藩士・市村半右衛門の三男として生まれる。
市村辰之助と共に14歳で新撰組に入隊する。

以後は土方歳三に従事し、土方は鉄之助を「頗る勝気、性亦怜悧」と評した。

創作における市村鉄之助


新撰組異聞PEACEMAKER/PEACE MAKER鐵

鐵
北へ


CV:小林由美子(TVアニメ) / 梶裕貴(青年期・※ドラマCD/劇場版アニメ)
新撰組異聞PEACEMAKER』とその続編『PEACE MAKER鐵』の主人公。
新撰組副長・土方歳三の小姓。愛称は「鉄」。明快で明るい性格。

13歳の時に目の前で両親を何者かに殺され、敵を討つために新撰組に兄・辰之助と一緒に入隊する。
両親を目の前で殺されたショックから体の成長が止まっており、15歳のなのだが12歳ぐらいの少年に見えるためよく子供扱いをされていたが、池田屋事件以降は成長痛を訴えるほど立派に成長した。
池田屋事件後は隊士見習いとなり、剣の腕も確実に上がっている。新八曰く、鉄之助の剣は「土方さんと同じ“野外実践型”」らしい。鉄之助が刀を取るのは「殺すため」ではなく、あくまで「守るため」である。

島原の店で禿として働いている沙夜とは友人であり、彼女から好意を持たれているが気づいていない。

北村鈴とはお互いに素性が知らない状態で友人となったが、池田屋事件で鈴が敬愛する師を失い鉄之助の素性を知ったことで、彼から酷く憎まれている。鐵以降では鉄之助への復讐を生きがいに生きており、山南を陥れ、鉄之助の父の知人でもあった坂本龍馬を鉄之助のフリをして暗殺するなどの策略を行い、鉄之助に生き地獄を味わわせようとしている。



北上篇では会津での戦いを経て土方のいる石巻に駆けつけ蝦夷に渡るが、性格が大きく変わり、誰に対しても心を閉ざし無愛想かつ暗い一面を見せるようになった。戦意を失った敵に対しても顔色一つ変えずに指を切り落とすなど冷酷さも感じさせる。
また、戦闘中に鉄之助の半径十尺以内に近づくと「死神」と呼ばれる存在の銃撃によって敵味方問わず死亡してしまうことから「死神憑き」と呼ばれ恐れられるようになった。
その冷酷な戦いぶりと無愛想な性格から一部の隊士から嫌われている。
新政府軍との戦争が勃発して以降の出来事からずっと自分の心を殺してきたが、田村銀之助との出会いを機に少しずつ心を開きつつある。

関連タグ

新撰組 隊士 土方歳三 市村辰之助 小姓

pixivに投稿された作品 pixivで「市村鉄之助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101710

コメント