ピクシブ百科事典

エイリアン2

えいりあんつー

『エイリアン2』とは、1986年のアメリカ映画。『エイリアン』の続編でシリーズ第2作。
目次[非表示]

This time it's war.
(今度は戦争だ)

概要

原題は『Aliens』。題名通り、無数のエイリアンが襲い掛かる。
SFホラー映画であった前作に対し、今作はエイリアンと地球人との攻防をメインとした。植民地海兵隊が保有する数々のSF兵器や作業用パワードスーツパワーローダーエイリアン・クイーンによる決戦も見どころ。監督・脚本はジェームズ・キャメロン。配給は20世紀フォックス

ストーリー

エイリアンを放逐し、コールドスリープ状態で宇宙空間を彷徨っていたリプリーは漂流から57年後に地球圏で救助された。彼女はエイリアンの危険性を企業に訴えたが誰も信じず、航海士の資格を剥奪された上に狂人のレッテルを張られてしまう。しかも無数のエイリアンのが発見された惑星LV-426は、現在は植民地として開拓されている事、更に住民157人が消息を絶った事を知る。リプリーは己のトラウマと向き合うため、住民の探索・救助を任された植民地海兵隊のアドバイザーとして、再び惑星LV-426に赴く。

登場人物

エレン・リプリー
ノストロモ号の惨劇から唯一生き残った人物。今回は前作でエイリアンが発見された惑星LV-426へと赴くことになる。相変わらずの男前で、エイリアンに包囲され壊滅状態の海兵隊員を救うべくゴーマンの制止を振り切って装甲車を運転し、襲い来るエイリアンを轢殺。パルスライフルを扱うのは初めてであろうにも関わらず、見事使いこなしエイリアンを迎え撃つ。終いにはパワーローダーを身に纏いクイーンエイリアンと壮絶な殴り合いを繰り広げるなど、戦うヒロインっぷりを見せてくれる。コールドスリープ中に愛娘がこの世を去ったせいか、今作では生存者である少女・ニュートに優しく接するなど、母性も見せた。戦うママは、かっこいい。

ニュート
開拓者団最後の生き残りの少女。本名はレベッカ・ジョーダンであり、ニュートとはイモリを意味するあだ名。本名のレベッカはだけしか使わない。エイリアンが蠢く居住区でたった一人孤独に生き延びていたところをリプリーたちと出会い、保護された。当初は家族を失った影響でを閉ざしていたが、徐々に心を開いていく。LV-426から生還した数少ない生存者の一人。

ドウェイン・ヒックス
植民地海兵隊に所属する伍長。小隊では第二分隊の分隊長だったが、エイリアンによって部隊が壊滅状態になった後に隊長を引き継ぐ事になる。ムラっ気があるが、強いリーダーシップを持ち、仲間からの信頼も厚い。海兵達に白い眼で見られていたリプリーとは戦いの中で強い絆を築いていき、パルスライフルの撃ち方を教えたり、最終的にファーストネームで互いを呼び合う仲になる。エレベーターに乗り込む際にエイリアンの返り血を浴びて負傷するも、生還を果たす。M37ショットガンを愛用しているが、これは演者のマイケル・ビーンが前年に出演していた『ターミネーター』のメタネタでもある。装甲には赤いハートマークをペイントしている。

ビショップ
医療従事用のアンドロイド装甲車の運転も担当し、降下艇の操縦資格も持つなど、マルチな才能を見せる。リプリーは前作でアンドロイドのアッシュに殺されかけるわ、嫌味を言われるわとヒドい目に遭わされており、終盤まで嫌悪感をあらわにしていた。人間ではないが恐怖心はあるとのこと。たった一人でエイリアン蠢く屋外で降下艇を呼び戻す、ニュートを救出するなど、アンドロイドとしての前作での汚名を払拭するかのごとく活躍を見せた。これにより最終的にリプリーも彼を信頼するようになる。降下艇に忍び込んだクイーンエイリアンによって半身を裂かれるが、かろうじて生存。

ウィリアム・ハドソン
海兵隊に所属する上等兵。部隊のムードメーカーでお調子者な性格。危機に陥った途端に気弱で悲観的になってしまい、リプリーや仲間達から喝を入れられている。エイリアンの大群が押し寄せてきた時にはパルスライフル片手に奮闘するが、最終的に床下から現れたエイリアンに襲われ戦死した。装甲には髑髏の絵をペイントしている。

ジェニット・バスクエス
海兵隊に所属する上等兵。勝ち気で肝が据わっており、リプリーにも負けず劣らずの漢女。仲間思いで頼りになる性格。同じスマートガンの射手であるドレイクとは気が合うようで、仲が良い。反面、新任の上司であるゴーマンのことは快く思っていない。エイリアンの大群相手に大活躍し、仲間が撤退する時間稼ぎをするべく通風孔内で奮戦するも負傷。最期は駆けつけたゴーマンと共に自爆し果てた。装甲には「El Riesgo Siempre Vive」と書いている。

スコット・ゴーマン
海兵隊に所属する中尉。部隊に上官として新しく配置された。根はいいヤツなのだが実戦経験が全くなく、降下艇を使っての降下作戦はたったの1回(一応本人は「シミュレーションなら38回経験した」と言っている)しか経験していないという新米同然の将校で、LV426降下後も決定的な安全確認もできていない状態で植民地施設に乗り込んだり、緊張状態の中でうっかり大きな物音を立ててしまうなどの注意力に欠けた言動が見受けられ、元より海兵隊員からは舐められ、リプリーからは不安視されていたが、原子炉での遭遇戦では判断ミスや想定外の事態を前に狼狽える等して、指揮の混乱を招いた結果、部隊を壊滅状態に追い込んだ上に撤退の際に頭をぶつけて気絶してしまい、情けなさを存分に見せつけてしまった。その後はリプリー達から指揮権を委ねられたヒックスに従っている。最期は途中で負傷し動けなくなったバスクエスを助けに引き返すという侠気ある行動をみせるも、手持ちの拳銃の弾が尽きたため、爆弾を使って自爆し、バスクエスと運命を共にした。

カーター・J・バーク
ウェイランド・ユタニ社の社員。救助されたリプリーが意識を取り戻した後に初めて出会った人物。リプリーの監視役として住民救助に同行する。実は会社からエイリアンを生け捕りにして持ち帰るように指示を受けており、本人も出世・大金を得ようと模索していた。この事を知ったリプリーを密かに抹殺しようとまでし、エイリアンの大群が押し寄せてきた際にはリプリー達を見殺しにして一人逃げようとするが、結局逃げた先にもエイリアンが待ち構えており、襲われる。その後、未公開シーンではエイリアンの巣に連れさらわれて繭にされた状態でニュート救出に赴いていたリプリーに助けを求めるも、彼女からは自決用のグレネードをひとつ餞別代わりに押し付けられた上で置いて行かれるという因果応報な末路を辿っている(ノベライズ版に至っては、グレネードを押し付けられる事すらなく、完全に無視されてしまった)。

アル・エイポーン
海兵隊に所属している軍曹。前線部隊の部隊長であると同時に第一分隊の分隊長を担当している。部隊員には鬼軍曹として恐れられており、ハドソンによく檄を飛ばしていた。原子炉でのエイリアンとの遭遇戦で行方不明となるも生存していたが、エイリアンのにされたと判断したリプリーは救助しなかった。

マーク・ドレイク
海兵隊に所属する二等兵で機関銃士。バスクエスとは仲が良く、お互いに軽口を叩き合う仲。問題児のようで、ゴーマンの指示も普通に無視していた。原子炉から撤退する際にエイリアンの血液による返り血をに浴びて死亡した。

リコ・フロスト
海兵隊に所属する二等兵。装甲車の運転も出来る。原子炉での遭遇戦で、エイポーンにメインアームである火炎放射器を奪われた上、哀れにもディートリックが放った火炎放射器の火炎に巻き込まれて戦死。更にこの時弾薬に引火して爆発、クロウが巻き込まれてしまう。装甲には白いハートマークをペイントしている。

シンシア・ディートリック
海兵隊に所属する伍長で衛生兵。最初にエイリアンの犠牲となった。エイリアンの繭として生きたまま寄生されたらしく、そう判断したリプリーは彼女を救助しなかった。戦闘で火炎放射器を暴発させてしまい、このせいでフロストとクロウが戦死している。

ティム・クロウ
海兵隊所属の二等兵。出番がほとんどなく影が薄い。火だるまになったフロストが所持していた弾薬の爆発に巻き込まれて死亡。

トレヴァー・ウィズボウスキー
海兵隊所属の二等兵。出番がなく、台詞もない。いつの間にかエイリアンに襲われていた。ノベライズ版では出番が増えており、リプリーの護衛をヒックスから任されるなどした(台詞も僅かだがある)。そのため彼の死をリプリーが悲しむ描写がある。映画ではヒックスはフロストとの絡みが多かったが、ノベライズでは彼との絡みが多い。

コレット・フェッロ
海兵隊に所属している伍長で、降下艇の操縦士。リプリーたちを回収するべく降下艇を操縦するが、既に機内に潜んでいたエイリアンによって殺害される。

ダニエル・スパンクマイヤー
降下艇の副操縦士。機内のカーゴルームに潜んでいたエイリアンに殺されるが、その殺される描写はない。

エイリアン

エイリアン・ウォーリアー

今作で大量に登場し、リプリー達を追い詰めるエイリアンの種類名で、前作に登場したビッグチャップとは細部のデザインが異なっている。寄生対象となる獲物の捕獲と拘束、産卵中のクイーンの護衛および居住場所に近づく外敵の排除などを行う。前作は1体のみの登場だったが、今作では大量に登場し、数の暴力で襲い掛かる。そのためか、常にどこに潜んでいるわからない圧倒的恐怖の権化であった前作とは違い、今作は銃火器を装備した軍隊が相手という事もあり、普通に倒されている。だが、それでも恐ろしい存在である事には変わりはない。

エイリアン・クイーン

今作で登場するエイリアンの産みの親。エイリアン社会のトップに君臨する種類である。
通常のエイリアンを遥かに上回る巨体を誇り、は4本もある。天井に固定され、下腹部につながる巨大な卵嚢から産卵管を伸ばしてひたすらエッグチェンバーを産み落とす産卵行動を続けている。基本的に移動は不可能であるが、緊急時には卵嚢を切り離すことで移動可能となる。自分が産み落としたエイリアンに対する愛情は持ち合わせている模様。

登場兵器

M41Aパルスライフル

該当記事へ移動

M56スマートガン

該当記事へ移動

動体探知機


スラコ号

植民地海兵隊所属のコネストーガ級強襲揚陸艦。惑星降下作戦のための降下艇を装備し、LV-426へ急行した。設定上では粒子ビーム砲やASAT(対衛星ミサイル)、レールガン等の武装を搭載している。終盤ではクイーンとの決戦の場となった。

降下艇

植民地海兵隊が運用するVTOL(垂直離着陸)機能を有した降下艇。ドロップシップとも呼ばれる。形式番号はUD-4Lで、ペットネームはシャイアン(Cheyenne)。単機での大気圏突入・離脱能力を持ち、スラコ号の下部ハッチから発進する。機体下部にはカーゴスペースがあり、武装した海兵隊員を乗せた装甲車を格納して出撃する事が可能。劇中では使用されなかったが、機首のガトリング砲や背部の展開式ポッドに搭載されたミサイルやロケット弾など様々な武装を搭載しており、隊員を降ろした後で支援に回る事も想定されているようだ。劇中では2機の降下艇が確認されており、序盤でフェッロが操縦していた1号機には"Bug Stomper"、ビショップがスラコ号から遠隔操縦で呼び寄せた2号機には"Smart Ass"のそれぞれ擬人化したエンブレムが付いている。

パワーローダー

今作の花形兵器。パワードスーツに分類される。本来は重量物を運搬するための作業用機械であり、言うなれば未来フォークリフトといった趣きで、ロールバーで保護された剥き出しのコクピットに直立姿勢で搭乗して操作する。鈍重ながらも二足歩行で移動でき、2本のマニピュレータを備え、コンテナや降下艇に積むミサイルなどの重量のある物をつかんだまま移動することができる。操作方法は非常に簡単で、腕はジョイスティックで操作し、脚は搭乗者のの動きに追従するようになっている。各種オプションはボタンを押して使う。二足歩行式である事から移動速度はお世辞にもあまり速くないが、その反面各部関節の自由度は広い。狭い環境での重量物の上げ下ろしには抜群の活躍をする。また、馬力も高く、終盤でのクイーンとの殴り合いでもそのパワーを大いに活かしている。過酷な作業環境に耐えうるためか頑丈で、戦闘でボコボコにされても問題なく稼働する。元来は兵器ではないため、武器になるようなものはマニピュレーターとコクピット付近に付いているガスバーナーのみである。航海士の資格を剥奪されたリプリーは物資運搬の業務で生計を立てるためにローダーの2級免許を取得しており、出撃前の搬入作業を手伝うシーンが見られる。また、ゲーム等では装甲や火器を備え戦闘用に改造されたパワーローダーも登場している。

関連動画


吹替の帝王第13弾 エイリアン2日本語吹替完全版Blu-rayBOX



関連タグ

ALIEN エイリアン
映画 洋画 SF SF映画
ゼノモーフ 宇宙海兵隊

pixivに投稿された作品 pixivで「エイリアン2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156960

コメント