ピクシブ百科事典

イサカM37

いさかえむさんなな

イサカM37とは、アメリカのイサカ・ガン・カンパニーが開発したショットガン。
目次[非表示]

概要

 1937年に完成したショットガン。当時としては軽量で丈夫で故障が少なく信頼性が高かったため、長きに渡って警察の車載用ショットガンとして使われ続けた。特徴としては排莢と装填を一つの場所から行うことと、引き金を引きっぱなしでポンプすればセミオート銃に負けない速度で連射できること(ラピッドファイア)が挙げられる。
 また、ローディングゲートと排莢孔が共通でありフレーム開口部が一ヶ所になっている。そのため強度を保ちつつ肉厚を薄くすることで、軽量化に成功し当時のショットガンの中で最も軽いものとなった。このことから、本銃は『フェザーライト(羽毛の軽さ)』の異名を持つ。

 同期のショットガンにはレミントンM31がいるが、第二次世界大戦ではウェンチスターM1912と共に使われた。(そのためか銃剣装着可能なモデルも存在する)

 ベトナム戦争でも、塹壕や地下トンネルの制圧に大いに活躍した。

 現在も、狩猟など民間用等に幅広く使用されている。軍用はモスバーグM500やレミントンM870の台頭ですでに米軍では蚊帳の外。銃床がないソウドオフタイプも有名。

データ

全長730~1006mm
重量2300g
使用ゲージ12、16、20、28
装弾数4、7発


関連イラスト

【擬人化】イサカM-37
カイル・リース



関連タグ

ショットガン

pixivに投稿された作品 pixivで「イサカM37」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116351

コメント