2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

演:キャリー・ヘン
吹き替え:川田妙子(VHS・DVD)/久野美咲(BD)
エイリアンによって壊滅した開拓者団の唯一の生存者である少女。本名はレベッカ・ジョーダン。かくれんぼでよく通気ダクトを使い、小柄な体を生かして巧みに隠れることから「ニュート=イモリと呼ばれ、兄以外からは本名のレベッカと呼ばれないらしい。
かくれんぼ遊びで施設の通気ダクトの構造を熟知していて、居住地がエイリアンに襲撃された際はその知識を駆使して唯一生き延びた。また、リプリーたちが脱出する際も、通気ダクト内を先導して、発着場まで導くなど、大人顔負けの活躍を見せた。

エイリアン2

元は両親と兄の4人家族であり、以前は惑星LV-426のハドレイズ・ホープの開拓地で暮らしていたが、父親がそこで発見したフェイスハガーに襲われたのをキッカケに自分を除く住人全員がエイリアンの餌食となった。その後、唯一の生存者として通風管の中を逃げ回っていたところを、海兵隊の動体探知機が反応して発見される。エイリアンに家族を皆殺しにされたせいか発見当時は心を閉ざしていたが、エレン・リプリーとの交流を通じて親子のような情で結ばれる。劇中では最後まで生存した。

エイリアン3

前作のラストで冷凍睡眠についていたが、乗っていた脱出艇が着陸時の事故に遭い、中にいたニュートは何と既に死亡していた。死因は肺に水が溜まったことによる溺死。本編開始早々あまりにも報われない末路を辿ったニュートの死はリプリーの心に大きな影を落とした。

その後、リプリーは彼女にエイリアンが寄生していたのではないかと疑い、クレメンスに手術をさせ確かめるがニュートの体内にエイリアンはおらず、遺体は溶鉱炉に投棄された。実はエイリアンに寄生されていたのはリプリーであり、ラストシーンで彼女はニュートを火葬した溶鉱炉に身を投げ、胸を突き破って現れたチェストバスターを道連れにニュートの後を追うことになる。


関連タグ

ALIEN エイリアン2 
少女 オーバーオール
ニューボーン:『エイリアン4』に登場した新種のエイリアン。ニュートとキャラが似ている。
劇中では、エレン・リプリーの複製であるクローンリプリー8号を母親のように慕い、自らの生みの親であるはずのクイーンエイリアンを惨殺した後、リプリー8号と共にエイリアンの巣となったオーリガ号からベティ号に乗り移り脱出するのだが…

ベッキー・・・映画本編で主人公を母親のように慕っている幼女繋がり。

関連記事

親記事

エイリアン2 えいりあんつー

兄弟記事

  • M-41A えむよんじゅういちえー

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16857

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました