ピクシブ百科事典

イド・ダイスケ

いどだいすけ

木城ゆきとのサイバーパンク漫画「銃夢」に登場するキャラクター。サイバネ医療を得意とするドクター兼メカニック。
目次[非表示]

概要

長身の瓜実顔に丸眼鏡、白衣またはトレンチコートに帽子姿で描かれることが多く、額には空中都市ザレムの市民であることを示す刻印がある。物語の舞台となるスラム街「クズ鉄町」でサイボーグ相手の診療所を営む傍ら、「ハンターウォーリア(賞金稼ぎ)」としても活動している。ある日、スクラップ置き場で大破したサイボーグの少女を発見し、新しいボディと「ガリィ」という名前を与えた。

腕のいい医者としてクズ鉄町の住人達からも慕われており、一見すると温厚でお人好しな好青年に思えるが、実は夜な夜な愛用の武器(ロケット仕込みのハンマー)を携えて、己の殺人嗜好を賞金首狩りで満たす危険な人格を秘めている。
他にも邪魔な人間を躊躇なく殴り倒すようなことも度々あり、ガリィに対して「美しい少女に育て上げたい」という親心以上の過剰な思い入れを込めていたりとなかなかのやべぇ奴であったが、物語が進むにつれてそういった性質は(ガチ狂人のディスティ・ノヴァ教授の登場もあり)徐々に薄まっていった。

映像化作品でのイド・ダイスケ

OVA版でのCVは俳優の苅谷俊介が担当。だが一部のファンの間では田中秀幸のイメージで定着している様子(わかるわかる

実写版映画「アリータ: バトル・エンジェル」ではオーストリア出身の俳優クリストフ・ヴァルツが演じる。
額の刻印がなかったり、名前が「ダイソン・イド(Dr. Dyson Ido)」となっていたり変更点が多い。

この記事のカテゴリ

木城ゆきと 銃夢

コメント