ピクシブ百科事典

武部沙織

たけべさおり

アニメ「ガールズ&パンツァー」の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

所属校県立大洗女子学園
学年2年生(普通一科A組)
所属チームAチーム(あんこうチーム)
担当戦車長(校内模擬戦)→通信手
身長157cm
出身茨城県大洗町
現住所大洗女子学園女子寮
家族父・母・妹
誕生日6月22日(かに座)
年齢16歳
血液型O型
好きな食べ物ドーナツ(ショコラフレンチ)、納豆
嫌いな食べ物辛い物
好きな教科家庭科
嫌いな教科数学
趣味結婚情報誌を隅々まで読むこと
日課5分できれいになれるヨガ
好きな花ピンクの薔薇
好きな戦車M26パーシング
CV茅野愛衣


人物像

  • 冷泉麻子とは小学生以来の付き合いになる幼馴染で親友同士。また、五十鈴華とも西住みほが転校して来る前からの親友同士。非常に人当たりの良い性格で、その高い社交性をみほに買われ、あんこうチームの通信手に推薦されることになる。
  • ちなみに、大洗に転校してきたばかりで孤独にしていたみほに最初に声を掛けたのは他ならぬ沙織である。みほにとって大洗で最初の友達は、沙織(と一緒にその場にいた華)だった。
  • その後、みほが生徒会から戦車道を履修するよう脅迫された際には、沙織は華と共にみほを連れてこれに抗議しに行く(後に『劇場版(ノベライズ版)』でもこの一件を理由にエキシビジョンマッチの相談のために生徒会から呼び出されたみほに付き添っている)。沙織たちの自分を思っての行動に心打たれたみほは、トラウマを抱えながらも戦車道履修を決意したのであった。
  • 以上のように、結果論ではあるものの、最初に沙織が声を掛けていなければ、みほが戦車道を再開したかどうかは不透明、仮に生徒会の強制力で再開したとしても、モチベーションが維持された保証はない。決意を新たにしたみほが戦車道を始めたからこそ、大洗女子学園は全国大会優勝さらには大学選抜チーム戦での勝利を手にしたのであって、沙織の存在がみほはおろか学園の運命をも変えたと言える(無論のこと、本人を含め誰もそのような自覚はないだろうが)。なお、劇場版のコミカライズ作品『Variante』では、みほが自分に声を掛けてくれたことを沙織に感謝するシーンがある。
  • なんでも恋愛(色恋沙汰)に結びつける癖があり、男子にモテるために戦車道へと参加した。料理が得意。服のセンスも特に異常ではない(戦車道を始めてからは未知数)ので、単純に考えれば、間違いなくあんこうチームの中で女子力は一番高いと考えられる。
  • 反面、最初は「今時戦車道なんて」などと言っていたのが生徒会のオリエンテーションによって「戦車道をやれば女子力が上がる=モテる」と解釈した途端に態度が180度一変。率先して戦車道をやると言い出したばかりかその時点ではまだ戦車道へのトラウマに悩んでいたみほまで「家元だから」というだけの理由で引き込もうとするなど、「いかに異性にモテるか」という話(当人曰く「モテ道」)になると見境がなくなるところがある。
  • ただし、異性に見境がない点を除けば比較的常識人なしっかり者であり、普段はボケをかますことも多いが、ツッコミ役を務めることも多い。戦車道履修組総出で日雇いのアルバイトをした際も、他のほとんどのメンバーがろくに仕事をこなせなかったり、堂々と仕事をサボったり、頑張る方向性を間違えたりする中、彼女はきっちり以上に仕事をこなしている。
  • その上、胸も大きい。公式のちちくらべによれば、あんこうチームの中では2番目の大きさ、大洗女子の生徒たち全体で見ても上位に入る大きさである。
  • このように、高い社交性と女子力を併せ持つ巨乳美少女なので、本来ならばモテない理由が見つからない。モテない理由は・・・モテ期が来ていないか、モテ期が過ぎたとしか言いようがない。もしくは、女子高なので周りに男が居ないのを「モテない」と勘違いされているのかもしれない。そうでもしないと説明がつかない。
  • とはいえ周囲に男っ気がないは事実のため、「自分はモテていない」と認識している当人は相当に焦りを感じている。特に物語初期の頃には近所のおじさん達のあいさつを「言い寄られている」と誤解するなど、もはや禁断症状と言ってもいいような状態に陥っていた。
  • 劇中で異性へのアプローチを試みたのは華の実家の奉公人である新三郎に対してのみだが、当の新三郎が華のことしか眼中になかったため、華麗にスルーされていた。
  • 幼馴染だけあって麻子の扱いに関しては手馴れたもので、留年や麻子の祖母の話を持ち出して戦車道を履修させたり、料理講座を受けさせたりしている。一方で朝に弱い麻子を布団から引き剥がす際は、さすがに苦労している。
  • プロフィールでは嫌いな食べ物が「辛い物」となっているが、その割にはカレー好きなようで、華によると寄港地ごとに行きつけのカレー屋があるらしい。あるいは甘口なら大丈夫とかなのかもしれない。
  • 同じくプロフィールにおいて趣味に「結婚情報誌を隅々まで読むこと」を挙げており、ファンから頂戴した異名が「婚活戦士ゼクシィ武部」
  • M26パーシングを好きな戦車にあげた理由として「怪獣映画に出てきそうで男の子が好きそうだから」と語っている。
  • 普段はコンタクトレンズをしているが、眼鏡を掛ける時もある。
  • 他のモテる為に入ってきた人の恋愛の相談役もこなしているが、自分の戦績もよろしくない様子。
  • ドラマCDではアンチョビアンツィオ高校の面々に恋愛指南を行っており、熱弁を振るう沙織の恋愛論に感銘を受けたアンツィオ生から「恋愛マエストロ」「マエストロ沙織」という称号を贈られていた。
  • 携帯の早打ちが得意で、試合中の通信に活かされることもある。
  • 10話にて、アマチュア無線の2級に合格したことが確認される(これによって全国大会決勝戦ではIV号戦車の無線の周波数制限が解除されている)。なおOVA(アンツィオ戦)にて麻子が彼女の部屋で関連書籍を見つけるシーンがあり、その時点ですでに資格取得に向けて動き出していたことがわかるが、小説版によると独力ではあまり勉強が捗らなかったらしく、試験直前になって麻子に頼み込んで突貫で知識を叩き込んでもらった。
  • 全国大会決勝戦では、川でエンストを起こしたウサギさんチームへの対応を迷っていたみほを後押しし、救出を決意させる。ここでも沙織の存在が重要なカギとなった。みほによる救出活動中に敵が近づいてきた時は、チーム皆で救助活動を援護するよう指示している。
  • 最終話において、各戦車のスペックなどを書き記したと思われるノートを持っているのが確認され(『劇場版』にも登場)、マウスのデータを見て驚愕。「戦車が乗っかりそうな戦車だよ!!」という彼女の一言でマウスの攻略方法が生み出される。どこからそんなデータを調べてきたのかは不明だが、彼女の努力家な一面が窺える。
  • 戦車道を始めた当初は戦車がどれも同じに見えると言っていたが、黒森峰戦では見ただけで戦車の種類が分かるようになっており、少し複雑な心境を吐露している。ただし、これについては上述の通り、自身の努力によって覚えたという部分が大きい。
  • 『劇場版』では、ちゃっかり戦車の運転免許も取っていることが判明した。しかも証明写真がお見合いにも使えると称するくらい無駄に気合が入っている。
  • 『選挙活動します!』で、コミュニケーション能力を見込まれて新生徒会広報に指名される。
  • MF文庫Jより発売中の『小説版 ガールズ&パンツァー』(著者:ひびき遊)では主人公を務めており、ほぼすべてのシーンにおいて彼女の視点から物語が語られる事になる。これは戦車を知らないキャラである彼女を主役に据えることで読みやすさに配慮した結果・・・とのことだが、逆に彼女が主役であるがために文章が女子高生らしい表現だらけでカオスになってしまっている部分も。また、事あるごとに小山柚子の胸に反応したりうらやましがったりとややおっぱい星人気味である(あとがきにて著者曰く「私が勝手にやりました」とのこと)。一方、通信手を務めることになったものの自分に何ができるのかがわからなかった際には迷うことなく蝶野亜美に助言を求め、その際のアドバイスを元にホワイトボードとマグネットを使った簡易マップを通信手席に設置することを思いつくなど、社交性の高さやモテ道目当てで始めた戦車道に次第にのめり込んでいく姿が加筆されている。
  • なお、彼女の家族構成については、小説版で妹の名前が、大洗町役場で発行されていた特別住民票に父親の名前が書かれている以外、描写が一切無い。他のあんこうチームの面々は本編中に家族が登場するが、チームで登場しないのは沙織のみである。スタッフ曰く彼女の家庭はどこにでもあるごく普通の家庭で、もし出しても(他の面々の家族と比べて)インパクトが無く面白みが無い描写になる、とのこと。
  • 誕生日の元ネタはバルバロッサ作戦始動(1941年)。


同じキャラデザとのコラボ

パッツンメガネ
この娘可愛いよね!本命は麻子だけど!!



関連イラスト

さおりん
モテ道


あんこうチームの頼れる通信手
武部沙織



関連タグ

ガールズ&パンツァー あんこうチーム
西住みほ 五十鈴華 秋山優花里 冷泉麻子
眼鏡っ娘 やだもー まこさお みほさお

pixivに投稿された作品 pixivで「武部沙織」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15345564

コメント