ピクシブ百科事典

BC自由学園

びーしーじゆうがくえん

BC自由学園とは、アニメ『ガールズ&パンツァー』に登場する架空の高校である。
目次[非表示]

概要

本拠地は岡山県
第63回戦車道全国高校生大会では、一回戦で聖グロリアーナ女学院に敗北している。
名前の由来は、ヴィシー政権自由フランスからと思われる。

アニメ本編では大会のトーナメント表に名前があるのみで、『ガールズ&パンツァー 最終章』で大洗女子学園と対戦する。フランス初の空母ベアルン」に似た学園艦に所在する高校。
元々はBC高校自由学園という別々の高校であり、両校の学園艦が老朽化したため新しい学園艦を建造することになった際、行政側の指摘によって強引に統合された経緯を持つ。
BC高校と自由学園はどちらもマジノ女学院がワインの原料にするためのブドウを栽培するために岡山に作った分校筋であり、現在でもマジノとは本校・分校の関係にある。
本格的な登場はスピンオフ作品『リボンの武者』の方が先だが、後述するように『最終章』では、校内の情勢、登場する生徒、使用する戦車など設定が一部変更されている。
モチーフは『リボンの武者』では第2次世界大戦中のフランス、『最終章』では革命期のフランス、とくにベルサイユのばらの影響が強い。

『最終章』でのBC自由学園

中高一貫のお嬢様学校という設定になっている。
統合した当初は『リボンの武者』と同じく旧BC高校側と旧自由学園側に派閥が分かれていたが、現在では中等部からそのまま進学した「エスカレーター組」と高等部から新たに入学してきた「受験組」の派閥に分かれている(分かりやすく言えば、「エスカレーター組」が貴族で、「受験組」が平民のような関係)。校内では「エスカレーター組」が優遇されている模様で、それに不満を抱く「受験組」が待遇改善を求めて抗議活動を行っているなど、革命前夜のフランスを彷彿とさせる状況で、両者は非常に仲が悪い。
戦車道の設備などは充実しており、保有する戦車も決して悪くないが、上述したように「エスカレーター組」と「受験組」が対立しているため連携が取れず、予告では「かつての全国大会ベスト4常連校」と紹介されているが、実際の全国大会では毎年一回戦で敗退している。

『リボンの武者』でのBC自由学園

無理矢理統合された上にかつての校風が異なるなどの要因が重なり、艦内では現在も旧BC高校側と旧自由学園側の衝突が絶えず、生活エリアも艦の左舷と右舷で真っ二つに分かれてしまっている(左舷側が旧自由学園、右舷側が旧BC高校)。
劇場版』のノベライズでも、大洗女子学園廃校騒動の裏でマジノをも巻き込んだ内紛を繰り広げていたことが語られており、そのためダージリンの招集に応えることができず、マジノ共々大洗連合チームには参加できなかった。

戦車道や強襲戦車競技(タンカスロン)など各種戦車競技は盛んに行われているのだが、やはりここでも旧自由学園組と旧BC高校組が対立しているため、非常に纏まりが悪い。パンツァージャケットも別々のものを着用している有様で、試合に負けるとその場で隊長の解任要求や責任の擦り付け合いを始めるなど醜態を晒してしまうことも多い。
現在は旧自由学園組が主導権を握っているため、旧BC高校組は捨て石同然の扱いを受けるなど冷遇されていたが、鶴姫しずか率いる楯無高校百足組との戦いを機に、隊長のアスパラガスが本格的な改革に乗り出したことで、チームはようやく融和への道を歩み始めることになる。また、『最終章』を意識してか、『最終章』で登場したパンツァージャケットを考案し始めている。

保有車輌

主にフランス製戦車を配備している。

最終章

主砲の威力はやや乏しいが機動力のあるソミュアS35と機動力に難あるが厚い装甲と強力な主砲を持つARL44を配備し、一応バランスが取れた編成になっている他、作中では数少ない第一次世界大戦時に開発されたルノーFT-17も配備している。


リボンの武者


生徒

最終章


ガルパンラクガキまとめ その6



卒業生

  • アズミ(「エスカレーター組」か「受験組」かは不明)
BCアズミさん



リボンの武者

  • アスパラガス:隊長。旧自由学園出身。下記イラスト真ん中の人物
  • ムール:副官。旧自由学園出身。下記イラスト右の人物
  • ボルドー:旧BC高校出身。下記イラスト左の人物
同人誌表紙案



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「BC自由学園」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 418682

コメント