ピクシブ百科事典

BC自由学園

びーしーじゆうがくえん

BC自由学園とは、アニメ『ガールズ&パンツァー』に登場する架空の高校である。
目次[非表示]

概要

本拠地は岡山県
第63回戦車道全国高校生大会では、一回戦で聖グロリアーナ女学院に敗北している。
名前の由来は、ヴィシー政権自由フランスからと思われる。

アニメ本編では大会のトーナメント表に名前があるのみで、『ガールズ&パンツァー 最終章』で大洗女子学園と対戦する。フランス初の空母ベアルン」に似た学園艦に所在する高校。
元々はBC高校自由学園という別々の高校であり、両校の学園艦が老朽化したため新しい学園艦を建造することになった際、行政側の指摘によって強引に統合された経緯を持つ。
BC高校と自由学園はどちらもマジノ女学院がワインの原料にするためのブドウを栽培するために岡山に作った分校筋であり、現在でもマジノとは本校・分校の関係にある。
本格的な登場はスピンオフ作品『リボンの武者』の方が先だが、後述するように『最終章』では、校内の情勢、登場する生徒、使用する戦車など設定が一部変更されている。
モチーフは『リボンの武者』では第2次世界大戦中のフランス、『最終章』では革命期のフランス、とくにベルサイユのばらの影響が強い。

『最終章』でのBC自由学園

中高一貫のお嬢様学校という設定になっている。
統合した当初は『リボンの武者』と同じく旧BC高校側と旧自由学園側に派閥が分かれていたが、現在では中等部からそのまま進学した「エスカレーター組」と高等部から新たに入学してきた「受験組」の派閥に分かれている(分かりやすく言えば、「エスカレーター組」が貴族で、「受験組」が平民のような関係)。校内では「エスカレーター組」が優遇されている模様で、それに不満を抱く「受験組」が待遇改善を求めて抗議活動を行っているなど、革命前夜のフランスを彷彿とさせる状況で、両者は非常に仲が悪い。ちなみに、「エスカレーター組」は金髪や茶髪などの生徒が多く、「受験組」は黒髪の生徒が多い。
戦車道の設備などは充実しており、保有する戦車も決して悪くないが、上述したように「エスカレーター組」と「受験組」が対立しているため連携が取れず、予告では「かつての全国大会ベスト4常連校」と紹介されているが、全国大会ではもう何年も一回戦敗退が続いている。
「無限軌道杯」の抽選会でも、一回戦の相手が夏の大会で優勝した大洗女子学園に決まった際、「エスカレーター組」の押田と「受験組」の安藤が人目を憚らず口喧嘩を始め、偵察で潜入した秋山優花里が撮影した映像でも作戦の方針を巡って対立し、双方入り乱れての乱闘にまで発展していた(しかも、隊長のマリーはそれを止めようとしないばかりか、知らん顔してケーキを食べているという体たらくである)。
大会当日も試合開始ギリギリで現れ、試合会場に向かう途中でも押田と安藤がお互いの戦車をぶつけ合い、砲撃し合うほどの酷い有様だったのだが……


ここからは重要なネタバレが含まれます。











押田「まんまと騙されたな」
安藤「我々を見くびるからだ」
マリー「私がケーキを食べ終わるのと、あちらの白旗が上がるのと……どっちが先かしら!」


実は、今までBC自由学園チームが見せていた仲の悪さは全て演技だった。

マリー達は自分達の対立を巧妙に利用し、抽選会や優花里の偵察時にその様子を見せつけることで、大洗女子学園に「BC自由学園は内輪揉めしていて連携がとれないかもしれない」という先入観を抱かせ、試合当日も仲間同士で小競り合いをしたり「エスカレーター組」と「受験組」を別々に行動させたりすることで、そのイメージをより強固なものにしていった。
そして、自分達の仲の悪さを確信した大洗の本隊が丘の上に居るマリーのフラッグ車を目指して進軍し始めたところで作戦を決行。
フラッグ車の守りを手薄にし、更にマリー達がやる気のないように振る舞うことであんこうチームら大洗の本隊を誘い込み、その間に押田の部隊と安藤の部隊が丘の後ろにある川に架かっている橋の左右に先回りし、先頭のあんこうチームが橋を渡り切ろうとしたところへ、待ち伏せしていた安藤と押田の部隊が攻撃を開始。橋の両端を砲撃して破壊し、大洗の本隊を橋の上に閉じ込めると、なおも一斉砲撃を浴びせて窮地へと追い込む。
BC自由学園の勝利は時間の問題と思われたが、ここで大洗の新戦力であるサメさんチームMk.IVが即席の懸け橋となり、味方の全車両を橋の下の河岸に脱出させた。まだ包囲下にあったが、安藤と押田の部隊の背後から足止めを突破してきたアヒルさんチームレオポンさんチームが接近し、逆に自分達が挟み撃ちにされそうになったため、やむなく包囲を解いて撤退した。

フラッグ車はおろか1輌も撃破出来なかったため結果的には作戦失敗に終わったが、夏の大会の優勝校相手に一泡吹かせることに成功し、それによって自信を付けた様子を見せ、その後は全車輌合流して陣形を組み直して行軍しながらLa chanson de l'oignonを合唱し、後半に臨んでいた。

長年、弱小校の座にいたBC自由学園が、誰にも悟られず仲が険悪だった両派閥が手を結び、それを隠すために名演技で(事前に偵察を察していた優花里はともかく、情報通のアッサムでさえ見抜けなかったほど)欺いたことによって、夏の大会優勝校相手に大番狂わせ寸前に追い込む大活躍を見せた。
だが、大学選抜チームの副官でOGのアズミが「まとまりさえすれば強い」と評していたことから、「無限軌道杯」より以前は確かに「エスカレーター組」と「受験組」の仲は悪かったはずで(長年、仲違いしてまで負ける理由は無いため)、その両派閥が何故今大会に限って手を結んだのかという大きな疑問が残った(リボンの武者では和解の経緯は描かれているが、あくまでスピンオフ作品のため本編ではまだ未確定)。
また、両派閥の険悪さは戦車道チームに限らず学園全体に及んでおり、仲が良くなった…とまではいかずとも、共通の目的のために手を結べるくらいに歩み寄れているのは戦車道チームのみと思われる(いくら何でも、全校生徒が一丸となって演技していたとは考え辛い)。

しかも、上述の作戦にはアズミも一枚噛んでいるようで、彼女が何か入れ知恵したことが窺える。
マリー達がどのような経緯で和解に至ったのか、第2話を待つしかない。

『リボンの武者』でのBC自由学園

無理矢理統合された上にかつての校風が異なるなどの要因が重なり、艦内では現在も旧BC高校側と旧自由学園側の衝突が絶えず、生活エリアも艦の左舷と右舷で真っ二つに分かれてしまっている(左舷側が旧自由学園、右舷側が旧BC高校)。
劇場版』のノベライズでも、大洗女子学園廃校騒動の裏でマジノをも巻き込んだ内紛を繰り広げていたことが語られており、そのためダージリンの招集に応えることができず、マジノ共々大洗連合チームには参加できなかった。

戦車道や強襲戦車競技(タンカスロン)など各種戦車競技は盛んに行われているのだが、やはりここでも旧自由学園組と旧BC高校組が対立しているため、非常に纏まりが悪い。パンツァージャケットも別々のものを着用している有様で、試合に負けるとその場で隊長の解任要求や責任の擦り付け合いを始めるなど醜態を晒してしまうことも多い。
現在は旧自由学園組が主導権を握っているため、旧BC高校組は捨て石同然の扱いを受けるなど冷遇されていたが、鶴姫しずか率いる楯無高校百足組との戦いを機に、隊長のアスパラガスが本格的な改革に乗り出したことで、チームはようやく融和への道を歩み始めることになる。また、『最終章』を意識してか、『最終章』で登場した新しいパンツァージャケットを考案し、「大鍋(カルドロン)」の時に完成して着用している。

保有車輌

主にフランス製戦車を配備している。

最終章

主砲の威力はやや乏しいが機動力のあるソミュアS35と機動力に難あるが厚い装甲と強力な主砲を持つARL44を配備し、一応バランスが取れた編成になっている他、作中では数少ない第一次世界大戦時に開発されたルノーFT-17も配備している。


リボンの武者


生徒

最終章


マリー様とお買い物



卒業生

  • アズミ(「エスカレーター組」か「受験組」かは不明)
BCアズミさん



リボンの武者

  • アスパラガス:隊長。旧自由学園出身。下記イラスト真ん中の人物
  • ムール:副官。旧自由学園出身。下記イラスト右の人物
  • ボルドー:旧BC高校出身。下記イラスト左の人物
同人誌表紙案



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「BC自由学園」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2117268

コメント