ピクシブ百科事典

九八式軽戦車

きゅうはちしきけいせんしゃ

大日本帝国陸軍が開発した軽戦車。秘匿名称は「ケニ」。(画像はケニB)
目次[非表示]

概要

 九五式軽戦車の後継車両として開発され、1939年に試作車が完成した。主砲には一〇〇式37mm戦車砲を採用し、九五式軽戦車の九四式37mm戦車砲に比べて攻撃力が改善されている。生産はすでに軌道に乗っていた九五式軽戦車のほうが優先され、113両しか生産されなっかた。本車の改良型に二式軽戦車「ケト」がある。

バリエーション

試製対空戦車 タセ

単装の九八式二十粍高射機関砲を砲塔形式で搭載した対空戦車。正式化はされなかった。

試製対空戦車 ソキ

連装(双連)の二式二十粍高射機関砲(ソキ砲)をオープントップ形式で搭載した対空戦車。1944年に完成が予定されたいた。

試製47㎜戦車砲搭載型

戦車学校の要望により、主砲を47mm砲に、専用の小型砲塔に換装した試作車両。小型砲塔では操作が難しかったため不採用。

九八式軽戦車改

チハの新砲塔を載せた計画車両。

ケニB

クリスティー式サスペンションを搭載した試作車車両。World of Tanks Blitzにてプレミアム車両として販売されたが、性能が高すぎてバランスブレイカーになってしまい、二日で販売中止となった。

関連タグ

九五式軽戦車 二式軽戦車 軽戦車

関連記事

親記事

軽戦車 けいせんしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「九八式軽戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173

コメント