ピクシブ百科事典

35(t)戦車

さんごしきちぇこせんしゃ

第二次世界大戦直前にチェコで開発・生産されたLTvz.35軽戦車のドイツ軍での名称。

概要

1935年にチェコシュコダ社がヴィッカース6トン軽戦車を参考にして開発した軽戦車で、チェコでの正式名称は「LTvz.35」。
1938年のドイツによるチェコ併合により、大半がドイツ軍に接収され「Pz.Kpfw.35(t)」、35(t)戦車に改称された。
(t)はチェコ製であることを表す形式記号。

軽戦車としての性能は申し分なく、同じく接収したCKD社製の38(t)戦車と共に戦車不足に悩まされていた第二次世界大戦初期のドイツ軍にとって貴重な戦力となり、訓練用のI号戦車II号戦車よりも兵士たちには好評であった。
しかしリベット止めの装甲は、被弾の際にそれが車内に飛び散り乗員に被害をもたらす危険性もはらんでいた。

ポーランド戦線やフランス戦線で活躍した後、ソ連侵攻作戦(バルバロッサ作戦)にも投入されたが、冬の東部戦線では寒さにより空気圧式の変速およびブレーキ機構に作動不良が頻発し、問題となった。
1941年頃には第一線を退き、砲牽引車などに改造された。

チェコ併合以前にルーマニアにも輸出され、同国では「R-2」軽戦車として使用されていた。

また、シュコダ社ではLTvz.35の設計を拡大・発展させた試作中戦車として「T-21」が開発され、ハンガリーの「40Mトゥラーン」戦車の原型となった。

関連タグ

軽戦車 38(t)戦車

pixivに投稿された作品 pixivで「35(t)戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1996

コメント