ピクシブ百科事典

ラハティL-39

らはてぃえるさんじゅうきゅう

フィンランドの対戦車ライフル

概要

冬戦争では試作型の2挺が戦闘に投入され、ソ連軍戦闘車両に威力を発揮した。
続く継続戦争では約1800挺あまりが生産され、ソ連軍のT-34KV-1に代表される新型戦車相手には力不足でありながらもキャタピラや燃料ブロックを狙った攻撃でそれなりに戦果をあげている。

65口径長と言う長大な銃身を持つことから“ノルスピィッシィ”(象撃ち銃)とのニックネームが付けられている。また銃の下部に雪中でも移動が容易に出来るようにソリが付けられている。
継続戦争当時は対戦車用途の他に現在の対物ライフル同様、トーチカや機関銃座の狙撃に使用された。
1944年にはフルオート化したものを専用の銃架に2艇搭載したIlmatorjuntakivääri L-39/44が対空機関砲として使用されている。
1960年代には主力から外れて対ヘリ用火器となったが、千艇ほどがコレクター向けにアメリカへと輸出された。
1988年に完全に配備解除された。

全長2,240mm
重量49.5kg
口径20mmx138
装弾数10発

pixivに投稿された作品 pixivで「ラハティL-39」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40144

コメント