ピクシブ百科事典

ウェルロッド

うぇるろっど

イギリスで開発された特殊部隊向けの拳銃
目次[非表示]

ウェルロッド(Welrod)は、第二次世界大戦中のイギリスで開発された特殊作戦向けの拳銃
大きな消音器が付いたボルトアクション式の拳銃で、主にイギリス軍特殊部隊やイギリス、アメリカなどの連合国側の諜報機関に供給された。

概要

デザインは、直径1.24in(約3.2cm)の鉄パイプのような消音器が全体を覆い、後部にマガジンを兼ねたグリップが付くというデザインで、主要な部品はプレス加工で作られている。

グリップは脱着可能で取り外す事で更にコンパクトにすることが出来た。
メカニズムは、ボルトアクション式でコッキングはメイン画像のように一番後ろの部分のノブを捻って後ろに引くと云うものであった。
また、製造メーカーや運用者を示す刻印は一切打刻されずシリアルナンバーのみが暗号で打たれていた。

バリエーションと装弾数

9×19mm弾を使用する「Mark.Ⅰ」と32口径ACP弾を使用する「Mark.Ⅱ」の二種類が存在した。
装弾数は「Mark.Ⅰ」が5発、「Mark.Ⅱ」が6発だった。

消音性能

発射した銃弾が音速を超えないように、銃身が極めて短くなっている。また、大柄な消音器が付けられているほか、作動音が小さく密閉構造としやすいボルトアクション式であるため、9×19mm弾を使う「Mark.Ⅰ」で70dB程度である。
これは、騒がしい事務所、或いは一般的な電話機の呼出音と同程度と一見それほど静かにならないように感じるが、9×19mm弾を一般的な拳銃から発砲すると130dB(電車が走る鉄橋の直下程度)となるので、これと比較すると充分に静かである。

つまり、70dB程度であれば攻撃を受けた当事者以外では「数km離れた場所の銃声」として認識されたため問題は無いとされた。

銃口には標的の人物に押し当てて銃声を漏らさないようにする為と言われる凹みが存在した。
また、32口径の「Mark.Ⅱ」は条件次第では50dBを下回るとも言われており、一般的に創作作品でイメージされる「消音拳銃」に近い性能であろう。

製造数

製造数はおよそ2800丁。主に第二次世界大戦中に枢軸国占領地域で使用されたが、1982年に勃発したフォークランド紛争でも使用されたという情報もある。

その後

2014年にスイスのB&T社から、よく似た設計・コンセプトの「VP9」という銃が発表された。
こちらは「手負いの有害獣を住宅密集地でなるべく静かに絶命させる」ことを目的に開発されている。
メーカーとしては特殊作戦や非正規戦を目的とはしておらず、あくまでも「猟銃」に近い扱いだという。

関連項目

サイレンサー

pixivに投稿された作品 pixivで「ウェルロッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 785016

コメント