ピクシブ百科事典

DSR-1

でざいなてっどすないぱーらいふるあいんす

ドイツのAMPテクニカルサービスが開発したブルパップ狙撃銃。対物ライフルのDSR-50もこの項で説明。
目次[非表示]

概要

DSR-1(Designated Sniper Rifle eins)はドイツ連邦警察の特殊部隊「GSG-9」からの要望を受け、エルマ・ヴェルケ社のSR100ボルトアクションライフルを改良したものである。
使用弾はSR100と同じ、.308ウィンチェスター、.300ウィンチェスター・マグナム、.338ラプア・マグナム弾を使用する。

薬室がグリップの後にあるブルパップ方式の銃であるが、グリップ前方の一般的なアサルトライフルなどがマガジンを装填する位置にマグホルダーを備えており、予備のマガジンを装着することが出来る。このため一見マガジンが前後に二本刺さっているように見えるのが大きな特徴である。
またマガジンはマガジン側の板バネが本体マガジンハウジング内の爪に引っかかることで保持される

開発元のAMPテクニカルサービスが倒産し、現在はDSR社が販売している。

また専用のサイレンサーがあり、消音効果は勿論のこと、内部パーツの損傷も防ぐことが出来る。

概要(DSR-1サブソニック)

DSR-1の改良モデル。サイレンサー標準装備で静粛性の高さを狙ったものである。
プライマリとセカンダリの膨張室とスロットルの使用による構造設計:ガスと圧力波を効果的に抑制することができる
310mmのバレルは1/8インチのライフリングが刻まれ、亜音速弾の重く長い弾丸の弾道を安定させるのに最適なものとなっている。
口径は7.62mmで7.62mm×51mmNATO弾(.308ウィンチェスター弾)を使用するが、各部品は亜音速弾専用に調整・設計されており、メーカーは通常の超音速弾の使用は推奨しないとしている。

概要(DSR-50)

上記のDSR-1を対物ライフルに設計したモデルがDSR-50である、大きさもDSR-1より少々大きくなってもDSR-1同様スナイパーライフルでは、小さいほう。
使用弾は50口径、対物ライフルということもあり威力性は高いようだ。マガジンはともかく、ストック・ハイダーもDSR-1のものとも少々違うようだ。

関連画像

DSR-1


ふふ・・ヤツの慌てふためく顔が目に浮かぶわ・・・



登場作品(TV・映画)

  • 山猫は眠らない3・・・アメリカ国家安全保障局のエージェントが使用。

ゲーム編

  • メタルギアソリッド4・・・.300ウィン・マグナム弾。オールド・スネークヘイブン・トルーパーが使用。Act2ではスネークが終盤にヘリから狙撃を行う。MGO2でも使用が可能で、胴体・頭部に命中すれば一撃で殺害が可能。
  • ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2・・・プレイヤーが使用可能。
  • クロスファイア・・・ゲーム内のポイントで購入することで使用可能になる。
  • AVA・・・スナイパーの兵科で選択することにより使用可能。
  • グランド・セフト・オート・ザ・バラッド・オブ・ゲイ・トニー・・・「Advanced Sniper」の名称で登場。
  • サドンアタック・・・韓国ではCR(ポイント購入)実装されているが、日本ではあまり使用者が少ない。
  • ペーパーマン・・・ゲーム内のポイントで購入することで使用可能になる。
  • COD:BO2・・・DSR-50が登場、

関連タグ

GSG-9
DSR-1を製造するDSRプレシジョンのサイト
同じドイツの有名な狙撃銃
PSG-1
WA2000
SL-8

pixivに投稿された作品 pixivで「DSR-1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25530

コメント