ピクシブ百科事典

SVT

えすぶいてぃー

ソ連軍に採用された半自動小銃。正式名称「トカレフM1940半自動小銃」(SVT-40)
目次[非表示]

「Самозарядная винтовка Токарева」の略。СВТ(ラテン文字でSVT)。

概要

1920年代末、ソ連軍ではモシン・ナガン小銃を置き替えるための半自動小銃の開発を進めていた。
フョードル・トカレフ技師は試作銃の改良を重ね、1938年にモシン・ナガン小銃と実包の互換性のある半自動小銃、SVT-38が完成した。しかし、ガス圧作動方式の機関部にリム付きの実包は相性が悪く、給弾不良が続出した。軽量化により耐久性も劣っていた。
1940年、SVT-38に改良を加えたSVT-40が完成し、ソ連軍に採用された。

SVT-40はSVT-38の欠点を完全に克服する事はできず、不具合が続出した。前線の兵士はモシン・ナガンの改良型(M1891/30)を使用するようになり、SVT-40の生産は1944年に打ち切られた。

ドイツ軍では、ライフルSMGでソ連軍のSVTと撃ち合って圧倒された戦訓から、近代的アサルトライフルの祖となるStG44を開発した。
また、ソ連軍の女性スナイパーリュドミラ・ミハイロヴナ・パヴリチェンコ少佐は1941年10月頃から「軽量な狙撃銃」としてSVT-40を愛用し、枢軸軍兵士309名を射殺した。

仕様

全長1222mm
銃身長625mm
重量3890g
弾薬7.62×54mmロシアン弾
装弾数10発


関連イラスト

チャイカさん



関連タグ

小銃 半自動小銃 ソ連軍

pixivに投稿された作品 pixivで「SVT」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27292

コメント