ピクシブ百科事典

九四式拳銃

きゅうよんしきけんじゅう

九四式拳銃は、大日本帝国陸軍が開発、採用した自動拳銃。
目次[非表示]

概要

 当初この拳銃は民間用の護身用拳銃として設計されていたが、日本陸軍将校用の私物拳銃( この種の銃としてはブローニングM1910やコルトM1903、あるいはモーゼルM1910など30種類以上の拳銃が使用されていたいといわれる )の国産化および弾薬の統一を目指し当時制式拳銃として採用されていた十四年式拳銃よりも小型かつ安価な拳銃を要望したことを受け、同時に軍用に製造され、準制式拳銃として採用された。
 採用年の1934年皇紀2594年だったため、九四式拳銃という制式名になった。

評価等

 以前に採用されていた十四年式拳銃は設計不良によるジャム不発、スプリング・撃針破損が多発したとされるものの、この拳銃にはそのようなことはなく、利用者である陸軍にとってはメンテナンスも比較的容易で無事故でよく作動したと悪い評価ではなかったといわれている。
 また、価格も十四年式拳銃の2/3、輸入品であった小型の拳銃と同等か少し高い程度であったとされる。
 さらに、この銃はハンマー内蔵のスライド作動式ショートリコイル方式という、通常この種の兵器に見られる外国製品のコピーした形跡があまり見られず、日本独特の技術が見られる。

欠点

 しかし、そのような拳銃であっても欠点は存在する。
 自動式けん銃としては外見の通りバランスが悪いこと、この銃に使用される銃弾である8mm南部弾の威力不足、ロックがかからない個体が存在することなどがあげられる。
 また、スライド動作式けん銃であるにもかかわらず遊筒自動停止機能がない、通常の自動拳銃には考えられないことにシアの一部が外部に露出していたため、ここに力が加わるとトリガーを引かなくとも弾丸が発射されてしまうという非常に危険な拳銃でもあった。
 そのためこの銃を鹵獲および接収して試験に当たった連合軍側の技術者からはわずかな力で暴発する「自殺拳銃」と言われた。
 しかし、試作拳銃ではこの部分にはカバーが存在すること、十四年式拳銃もスライドストップ機能がないこと、さらに日本陸軍は拳銃の携帯時は薬室から銃弾を抜き、弾倉も装填しないという取り扱い規則があり、それにより暴発はなかったといわれるため、この仕様は軍用銃として利用されることを意図したものではないかとも一部ではいわれている模様。

基本データ

全長187mm
銃身長95mm
重量720g
口径8mm
装弾数6+1発

関連イラスト

九四式!


関連タグ

拳銃 オートマチックピストル 大日本帝国陸軍

参照

wikipedia:同項目およびリンク先

pixivに投稿された作品 pixivで「九四式拳銃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35323

コメント