ピクシブ百科事典

MP-443

ぴすとれっとやりぎな

MP-443とはロシア イジェメック社製の軍用拳銃である。
目次[非表示]

MP-443とはロシア イジェメック社製の軍用拳銃である。他の名称については後述。
旧態化が著しかったマカロフPMの更新を目的として採用された。

概要

 マカロフPMは、開発当初想定されていた「将校の自衛用拳銃」というコンセプトを考えれば小型で嵩張らず、安全で信頼性が高い優秀な拳銃であったが、「メインウェポンが使えない状況で使うサイドアーム」としては、威力、装弾数共にかなり非力であった。
 そこで、新型拳銃の採用計画 グラッチ(Грач)計画が行われた。
 グラッチ計画にはマカロフPMを改修したマカロフPMMも参加していたものの、連邦軍には採用されず代わりにMP-443が採用された。

構造

 フレーム、スライドともにスチール製である。
 撃発機構はダブルアクションで、安全装置はデコッキング機構は無くコック&ロックとなる。
 マカロフPMと変わって作動方式はティルトバレル式のショートリコイル。
 弾薬は9×19mm弾でマカロフPMやスチェッキンAPSより威力が増している。
 オーソドックスな9×19mm弾の他に防弾チョッキへの攻撃力を増した強装弾が使用可能である。(PP-2000短機関銃で使用されている特殊徹甲弾「7N21/7Н21」が使用できるという情報もある)
 全体的には、堅実、保守的な設計であるがセーフティは左右どちらでも操作できるよう両側に配置されているなど、時代に応じた進化も遂げている。
 装弾数は17+1発。後に改良されて18+1発となった。

名称について

 ロシアでは、トカレフTT-33やマカロフのように設計者の名前を取ってヤリギン拳銃(Пистолет Ярыгина)と呼ばれている。
 しかしながら、グラッチ計画の審査に最後まで勝ち残ったため、「グラッチ(Грач)」と呼ばれることもある。これは、次世代小銃計画「アバカン」を制したAN-94がアバカンと呼ばれているのと似た事情であると言える。
 ロシア語を齧ったことがある方なら、察した方も多いと思うが「MP-443」はロシア政府で公式文章に使われる名称ではない(ロシア語の”P”はローマ字のRに相当する文字である為)。MP-443は製造メーカーであるイジェメック社の商品名のようなものである。
 ロシア連邦国防省ロケット・砲兵総局が割り当てたGRAU(ГРАУ)コードは、6P35(6П35)。

民間向け

民間向けには、ポリマーフレームのMP-446が販売されている。愛称はヴァイキング。スライドにローマ字で大々的に刻印されている。
また、国内市場向けに非致死性銃仕様のMP-353が販売されている。

関連タグ

AK-12 AN-94

この記事のカテゴリ

武器 拳銃 ロシア軍

pixivに投稿された作品 pixivで「MP-443」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4235

コメント