ピクシブ百科事典

AK-12

あーかーどうぇなーっつぁっち

AKライフルの最新型モデル。
目次[非表示]

次世代AKライフル

2010年代、ロシア国防省では次世代歩兵計画「Ratnik」に基づきロシア軍の正式採用小銃であるAK-74Mに代わる、新型小銃を採用しようとする動きがあった。

コッキングレバーが右側に固定されている点やリアフロントのサイト間の短さ、セレクターをグリップした右手で操作できるようにしたいといったAK-74Mにおける不満点はカスタムパーツや小改造によって解決できたが、特にコッキングレバーとセレクターは内部構造に及ぶため、正式な仕様としてこれを解決した突撃銃が求められた。

そこで2010年ごろからロシアの主要工業メーカー"イジェフスク"(現カラシニコフ・コンツェルン)は新型AKの開発を開始、2012年にAK-200を開発した。

AK-200での変更点

  • ハンドガードにピカティニー・レールを追加。
  • サイトを脱着式の物に交換。
  • 短銃身化
  • グリップ・ストック変更。
であった。

しかし、図面を見ただけでもメーカーのやる気のなさを感じさせるこの銃の採用に国防省は難色を示し、AK-74Mの改良モデル(AK-200の試作品に近い。ハンドガードとレシバーカバーにレールを搭載したモデル)を採用することを決定。

次世代AK計画はお流れとなった。

このことを受け、やけくそになったのか、開発チームが海外の最新型銃を参考に新型モデルを試作。

2013年春一般報道に完成したAK-12を公開した。

次世代AK"AK-12"誕生

AK-12 トレス


AK-12は今までの外観を一新。
制式採用前の試作型は細かいバリエーションが多岐に渡るものの、AK-12の特徴は次のとおりである。

  • AK特有の「ただの蓋」でしか無かったデッキカバーをヒンジで精密に取り付けられるように改良し、光学照準器が載せられるピカティニーレイルを搭載。
  • リアサイトをレイルオプション化、フロントサイトと十分な距離を取れるように。
  • ハンドガードにもレイルを標準搭載。
  • ストックを折り畳みに加え伸縮可能なものに変更。
  • セレクターをアンビー(両側)に変更、右側のセレクターも小型のものに変更されている。
  • マガジンを透明なポリマー製に変更。
  • ピカティニーレイルを介してNATO規格のグレネードランチャーを使用可能。
  • AN-94で不評であった複雑なバースト機構に変わってシンプルな3点バースト機構(試作品であるため個体によって2点バースト)を採用。

また未確認情報として
  • 旧来のAKシリーズとのハンドガード共用。
  • ホールドオープン機構の導入とそれに伴うボルトリリースの設置。
  • 銃身の製造方法の改良による射撃精度の向上。

このようにいささか旧式感のあったAKを一気に近代化させることに成功した。

ただし試作品であるため、試作年や個体によって
  • フロントサイト、ガスポート、ガスシリンダーの形状
  • セーフティおよびセレクターの順序
  • バースト射撃の一度あたりの発射数
などが異なっていた。

使用弾もメインの5.45mm弾に加え5.56mmNATO弾、39(AK)・51(NATO)の両7.62mm弾と豊富で、バリエーションも短銃身のAKU-12(AKS-74Uに相当)、軽機関銃型のRPK-12、企画段階だが狙撃型のSVK-12が開発されている。
またブルパップモデルとしてAS-1(5.45mm)、AS-2(7.62mm)も平行して開発されている。
豊富な使用弾のバリエーションは輸出を意図したもので、メーカーの並々ならぬ期待ぶりが見てとれる。

2013年9月、ロシア国防省はAK-12を2014年度から採用すると発表。ソビエト時代から主力ライフルであったAKが姿を大きく変えることになる。(筈であった)
一方で、AK-74M等の既存の銃火器が需要の数十倍にあたる数の備蓄があるとの事で、新規の銃火器を採用できない状況であるとも言われていた。

2016年量産型、衝撃の登場

その後も毎年マイナーチェンジしてきたAK-12であったが、2016年にそれはおきた。


2016年6月ごろにAK-400という、特殊部隊向けにAK-74Mを再設計したライフルが露見した。
リアサイトブロックアッセンブリーを小型化し、リアサイトをレシバーカバー後方に移動したAK-105のような小銃で名称からAK-200のようなAK-74Mの改良モデルという考察が各方面された、当然AK-12とは別企画で進んでいる開発だと皆は思っていた。

同年9月ロシアの軍事製品見本会においてカラシニコフ社が量産仕様のAK-12を発表したのだが・・・その外観はAK-400に酷似しているではないか、もう一度言うAK-400に酷似している


そう、ここに来てAK-12は、AK-74Mの改良モデルに逆戻りしてしまった。つまり、これまでのAKの弱点を補うために開発されていたAK-12の新機構の多くが水泡に帰してしまったのである。

どうしてこうなった

(一説によればロシア政府が調達価格に難色を示していたとも言われていたが、因果関係は不明である)

ただし、一応この銃は

  • ストックはM4に似た調整式のパイプストックで左側に折り畳み可能
  • 残弾確認が出来る新設計のマガジンが使用できる
  • バースト射撃が可能
    • 但しセレクターは従来型に似たもので、従来のAK同様左側にセレクターは無い

とされている。

2017年3月にドミトリー・ゴロージン ロシア副首相によって「AK-12とAEK-971(A-545)の配備を決定。部隊へは17年度後半より配備される。」と発表された。
しかしながら、配備決定と延期の発表は何度も繰り返されており前途多難であると考えられる。
一部では、一向に導入されない新小銃に業を煮やして、既存の銃に改修を施したものを使用する部隊も現れているという。

関連タグ

AK47 AK-74M
AK-12(ドールズフロントライン)

pixivに投稿された作品 pixivで「AK-12」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2151390

コメント