ピクシブ百科事典

SAIGA

さいが

 SAIGA(サイガ)とはロシア連邦(旧ソ連)の銃器メーカー、イズマッシュ社が開発したハンティングライフルおよびショットガンの商品名。アサルトライフルの大ベストセラーとして名高いAKをベースに開発された。日本国内ではショットガンのSAIGA 12が有名。
目次[非表示]
ハヤミで裸パーカー


……そう。

 AK-47によく似た外見だが、れっきとしたショットガンである。

概要

ロシアの銃器メーカー・イズマッシュ社が、同社が製造・供給しているカラシニコフ・アサルトライフルをベースに開発したもののうち、特に民間向けを強く意識したセミオートショットガンである・・・そうこの銃、こんな外観だが軍用モデルではないのである
他の、例えばアメリカや北欧の老舗メーカーの趣味性やステータス性を感じさせる民間向け定番モデルと違って、基本設計をAKとしデザインより実用性に特化させた設計であるため、このようになったのであろう。

しかもベースがAKMなので耐久性もすこぶる高くまたセミオートならではのボックス・マガジンの採用による素早いリロードが可能な事、何より西ヨーロッパやアメリカの製品と比べて低価格なのも魅力である(このあたりも信頼と安心のAKファミリーである)。

特徴

日本の場合

日本国内の場合、散弾銃は空気銃に次いで規制が緩やかであるため、装薬銃の所持許可を取得すればすぐに入手が可能な機種である。また、日本で所持可能な数少ない自動式の散弾銃である。
ただし、日本で持つ場合グリップとストックは画像のような一体型で、かつマガジンも専用の2発の物でなければならない。
AKベースで頑丈で信頼性が高い機種であるとは言え、回転不良(作動不良)と無縁であるかといえばオーナーや銃砲店の知識と技量によってて強く左右される点(自動式全てに言えることではある)や、日本国内で流通量が多いとは言えないことを考えると、手放しに薦められるものではなさそうである。
また、規制が厳しくなることはあっても緩くなることは決してない公安委員会の登録制度を鑑みると、日本国内で所持できる自動式の散弾銃としては秀でた存在であっても、今後も安泰とは言えそうにない機種である。

 基本的に12番(12ゲージ)が基幹モデルで、派生型として410ゲージや20ゲージに対応したモデルももちろんの事、本銃をより警察用途向けに改良を加えたKS-Kというモデルも存在している。

余談

この銃の他にもAKファミリーのセミオート散弾銃自体はあるのだが・・・そもそも本銃は純粋な民間向けとして開発されたため、形から勘違いされがちだが決して軍用としては販売されていない
なので他のセミ・フル可能な軍用モデルと比べてしまうと控えめな物になっているが、それでも狩猟用・競技向けとしては必要にして充分、そして信頼性が高い物であるという事は間違いない。
特に、狩猟が「中流~上流階級のレジャー」や「ステータス」で数十万から数百万円の銃を用いるような文化圏とは違って、猟銃が必需品である職業に従事する人、或いは国や地域では性能が良く惜しげもなく使えるこの銃は、根強い人気を誇る銃である。

なおSAIGAの名は概要欄にもある通り、同社のハンティング用セミオートマチックライフルにも使われている名前である。単に文章上で「SAIGA」とある場合、ショットガンとは限らないので注意が必要である。
ライフル版はさらに多様な口径に対応しており、AK-100シリーズに近いシルエットを持つSAIGA MKシリーズ(5.45x39mm、5.56x45mm、7.62x39mm)やSAIGA308(7.62x51mm)、さらに拳銃弾である9mmパラベラム弾を用いるSAIGA 9が存在する。

発売元のイズマッシュ社は2012年に経営破綻するもイジェメック社と合併しカラシニコフ・コンツェルン社となったもののイズマッシュの名はブランド名として残る模様。

スペック(SAIGA-12)

全長1,060mm
銃身長495mm
重量3,600g
口径12ゲージ
装弾数5/8発


関連タグ

ソ連
AK-47
SVD
KS-K
KS-12

関連記事

親記事

ショットガン しょっとがん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SAIGA」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150519

コメント