ピクシブ百科事典

SAIGA

さいが

 SAIGA(サイガ)とはロシア連邦(旧ソ連)の銃器メーカー、イズマッシュ社が開発したセミオートショットガン。アサルトライフルの大ベストセラーとして名高いAK-47をベースに開発された。
目次[非表示]
ハヤミで裸パーカー


……そう。

 AK-47によく似た外見だが、れっきとしたショットガンである。

概要

ロシアの銃器メーカー・イズマッシュ社が、同社が製造・供給しているカラシニコフ・アサルトライフルをベースに開発した民間・警察向けの特に民間向けを強く意識したセミオートショットガンである・・・そうこの銃、こんな外観だが軍用モデルではないのであるしかもベースがAKMなので耐久性もすこぶる高くまたセミオートならではのボックス・マガジンの採用による素早いリロードが可能な事、何より西ヨーロッパやアメリカの製品と比べて低価格なのも魅力である(このあたりも信頼と安心のAKファミリーである)。

特徴

日本で所持可能な数少ないセミオートショットガンであり日本で持つ場合ピストルグリップとストックは画像のような一体型で尚且つマガジンも専用の2発の物でなければならないが散弾銃という事もあり取得後すぐに入手が可能な銃種で複数のシェルを素早く状況に応じマガジンで使い分けられる事を考えれば国内で所持できる散弾銃としては最高峰だろう。
 派生として410ゲージや20ゲージに対応したモデルももちろんの事、本銃をより警察用途向けに改良を加えたKS-Kというモデルも存在している。

余談

この銃の他にもAKファミリーのセミオート散弾銃自体はあるのだが・・・そもそも本銃は民間向けモデルを主な市場として発売したモデルで形から勘違いされがちだが決して軍用としては販売されていないなので他のセミ・フル可能な軍用モデルと比べてしまうと控えめな物になっているがそれでも狩猟用・競技向けとしては信頼性が高い物であるという事は間違いない。

なおSAIGAの名は同社ではハンティング用セミオートマチックライフルに使われている名前で本銃の固有の名前ではなく民間向け散弾銃のブランドの名前だったりする

発売元のイズマッシュ社は2012年に経営破綻するもイジェメック社と合併しカラシニコフ・コンツェルン社となったもののイズマッシュの名はブランド名として残る模様。

スペック(SAIGA-12)

全長1,060mm
銃身長495mm
重量3,600g
口径12ゲージ
装弾数5/8発


関連タグ

ソ連
AK-47
SVD
KS-K
KS-12

pixivに投稿された作品 pixivで「SAIGA」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79717

コメント