ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

機動戦士ガンダム00に登場する主役MSガンダムエクシアをベースにアラン・アダムスの所属するPPSE開発班が開発していたワークスモデル「ガンダムアメイジングエクシア」を更に発展させたガンプラ

完成状態だったアメイジングエクシアにダークマターブースターを初めとした様々な追加パーツを施し完成した機体だが、全身に鋭利なパーツを持ち、赤と黒を基調としたカラーリングやダークマター暗黒物質)というネーミングなどと相俟って禍々しい様相を呈している。

ガンダムエクシア ダークマター

その強さは、マシタ会長に洗脳されたメイジン・カワグチの容赦の無いバトルスタイルと相俟って見る者を驚愕させるものである。

エクシアと同様に七本の剣(セブンソード)を使い分け、戦国アストレイ頑駄無と同じくフィールドのプラフスキー粒子を変様させる機能を有する。

特にプラフスキー粒子技術については、それを各武装に転用する事で従来のガンダム作品ではありえない戦闘を可能としている。


デザインはガンダム00においてエクシアのデザインワークを務めた海老川兼武氏。

曰く、コウモリの翼を思わせる背負い物を初めとして「00本編でやってはいけない」要素を備えたデザインであるとの事。また、コウモリの翼というアイデアはウイングガンダムフェニーチェで考えられていたアイデアを流用した物だが、実際にはダブルオーライザーにも盛り込まれたイメージでもある。

また、ダブルオークアンタ(正確にはELSクアンタ)の初期案にはダークマターブースターによく似た翼を付けた物もあり、ビルドストライクガンダムフリーダムガンダムの意匠を受け継いでいるのと同様「原作における後継機の意匠を受け継いでいる」という側面もあると思われる。


実際に商品化されるガンプラは(設定とは異なり)HGガンダムエクシアR2がベースとなる(そのためアラン関連の版権ネタが一部で話題となった)。

後述のダークマターブースターも単品で販売されている。


武装

ダークマターライフル

GNソードのライフルモードをベースにした小型ビームライフル。

アメイジングエクシアのアメイジングGNソードの刀身がプロミネンスブレイドに流用された為、GNソードへの変形機構は排されているが、GNソードと同様にシールドとしての機能も備える。

シールド側にも銃口が追加されており、こちらは速射性が高く、ビームサーベルの展開も可能。


プロミネンスブレイド

プラフスキー粒子を変異させ、炎の様な形にして刀身に纏わせる「炎」の大型実体剣。非使用時には左腰にマウントされる。

この能力は戦闘でも炎の様に熱を持たせることが可能で、ブライニクルブレイドで凍結した物体がこの炎に触れる事で急激に熱せられ、本来の強度を失って脆く崩れ去る。

刀身はGNソード改の流用。クリアパーツは朱色に変更されている。


ブライニクルブレイド

プロミネンスブレイドとは対になる「氷」の大型実体剣。非使用時には右腰にマウントされる。

この剣にはプラフスキー粒子を低エネルギー状態で蓄える機能を持ち、剣に触れた物体は低エネルギー状態の粒子が通常の状態に戻ろうとする効果でエネルギーの大半を奪われて凍結する。

粒子のエネルギー状態を応用している為、ビームすらも凍結させる事が出来る。

刀身はGNソードの流用。


GNバルカン/GNビームサーベル

手首に内蔵されたベース機の固定武装。威力は低いが連射性の高いビームバルカン。

モードの切り替えによってビームサーベルを展開する事が可能で、破損覚悟の短時間運用であれば使用粒子量を増加して威力を高める事が出来る。


トランザムシステム

プラフスキー粒子放出量を増加させ、機体性能を三倍に引き上げるシステム。

発動時は機体が赤く発光し高速での移動を可能とするが、システム停止後は機体性能が大きく低下する。

ダークマターブースターによって安定的に発動可能となり、効果時間も大幅に延長されている。


ダークマターブースター

背部に接続される大型バックパック。猛禽類のようなシルエットを持つ。元々はトランザムブースターという名称だった。

分離する事で単独行動が可能な支援機として運用可能であり、その際には円柱状の胴体にレグナントの翼に似たスラスターユニット、1.5ガンダムのバインダーに似た可動翼、ガガに似た頭部(カメラアイはGN-X系の四つ目)を有するコウモリのような形状となる。

胴体部にGNドライヴが内蔵されており、これ自体が外付け式のGNドライヴ兼粒子貯蔵タンクとして機能し、トランザムは勿論でなおかつ強力なGNフィールドを展開できる。結果としてダークマターブースターは支援機の枠組みを超えた攻撃力と防御力を獲得している(逆に分離中はエクシア本体を動かせなくなる弱点が存在する)。

破壊されそうになった時は真っ先にGNドライヴを分離し、自動でエクシアの元に帰還するようにプログラムされており、それによって戦闘を続行する。


ダークマターブレイド

ダークマターブースターの翼の一部が分離・変形した兵装。

この武器の正体はプラフスキー粒子を使用したGNソードであり、その特性によってトランザム中では更に切れ味が増す。

両腕に装備可能なほか、ブースターが単独行動する際の攻撃手段にもなる。


ヘッドキャノン

ダークマターブースターの頭部に内蔵されたビーム砲。

キャノン自体は小型だがGNドライヴと直結しているため威力は高く、トランザム状態であればバトルフィールド上の小惑星を一撃で破壊する程の威力がある。


ガンプラ

HGBFが一般発売された。

HG00 エクシアリペアⅡのランナーを流用している。

後にダークマターのランナーも流用したアメイジングエクシアもHGBF化された。


その後、シリーズのラスボス機というのもあって2015年にMGも発売。

プレミアムバンダイ限定だったMGエクシアリペアⅡのランナーの流用モデルで、唯一R2の一部ランナーを一般で入手できる手段ともなっているが、肩アーマーのランナーが不足しているため、色違いのRⅡ再現は出来ない。

また、ダークマターブースター装着用に小型GNドライブが新造され、後ろの発光機能を失ったものの、胴体のランナー改修もされたことでLEDユニット一つでカメラアイも連動して発光する仕様となっている。ただしその影響で首はボールジョイント接続ではなく軸接続になってしまっている。


関連タグ

ガンダムビルドファイターズ

ガンダムエクシア 機動戦士ガンダム00

メイジン・カワグチ ガンダムアメイジングエクシア

海老川兼武


テッカマンエビル シド

関連記事

親記事

ガンダムアメイジングエクシア がんだむあめいじんぐえくしあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 176004

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました