ピクシブ百科事典

ジョング

じょんぐ

ジョングとは、漫画「機動戦士Vガンダム外伝」及び「クロスボーンガンダムゴースト」に登場するモビルスーツである。

概要

ザンスカール帝国のニュータイプ専用試作モビルスーツ
リガ・ミリティアがガンダムのコアブロックシステムを発展させてVガンダムを開発したのと同様に、ザンスカール帝国のニュータイプ部隊「ゴールデンエッグス」が、「かつてのジオンこそ最もニュータイプ戦略に長じていたのではないか」という歴史の見直しに基づき開発した。
他のゴールデンエッグス所属機と同様に金色を基調としたカラーリングを持ち、頭部にはゾロ等に代表されるザンスカール系特有の「猫目」型センサーを持つ。

ジオングのコンセプトを宇宙世紀153年の技術で再現・発展させるコンセプトで開発されており、その外観はジオングに似るが、ジオングとは違い全身を頭部・胸部・用部・左右腕部の合計5つのパーツに分離させ、オールレンジ攻撃を行う事が可能。このオールレンジ攻撃端末は有線コントロール方式を採っていたジオングとは違い、無線コントロール方式を採用している。

実戦に於いてはスケイル・サープリスが搭乗し、彼が「心で嘘をつく」ニュータイプ能力を持っていた事から、自分の居場所を悟らせない撹乱能力を駆使し、ウッソ達を苦しめた。
しかし、ウッソに協力したグレイ・ストーク卿が彼の「心の嘘」を見破る事が出来た事から彼の乗るガンプのハイメガキャノンにより「心の嘘」が生み出した分身を見破られ、ウッソのVダッシュガンダム、そしてゴールデンエッグスから離反したカムイ・ギアンの駆る青いV2ガンダムの連携により撃破された。

また、同時期に月面でゴールデンエッグス指揮官キゾ中将によって「不要」と判断された士官がリガ・ミリティア、サーカス、クロスボーン・バンガード、ザンスカール軍による四つ巴の状況で、自身らの有用性を示すために本機に搭乗して戦闘に参加するが、サーカスのジャック・フライデイが「サイコミュの波を読む」能力を有していたが為、彼の乗るデスフィズによって一方的に破壊されている。

関連項目

機動戦士Vガンダム 機動戦士クロスボーンガンダムゴースト
ジオング

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4505

コメント