ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

聖闘士星矢』に登場する架空の鎧。

主人公である星矢達聖闘士聖衣を身に纏って戦うのに対し、この『鱗衣』海皇ポセイドンを守る海闘士が身に纏う。

海の怪物、幻獣、妖精、精霊をモチーフとし、其れ等を参考に模したオブジェ形態から分解・変形し海闘士の身体を包む防具となる。

オリハルコン製で、聖闘士の聖衣は、これに対抗する形で造られる。「聖闘士星矢Ω」のゲーム『アルティメットコスモ』は新たに海魔女、ポセイドンの鱗衣が新規デザインされ、聖衣と同様に隕石の影響を受けたのではと推測。


一説によれば鱗衣こそ神話の怪物の原典になったと言われているが、もしそうならば、鱗衣の種類は劇中に登場したものよりも多く存在する可能性がある(リヴァイアサンレモラなど鱗衣のモチーフに選ばれなかった海の怪物は多数存在する為)。


種類編集

海将軍が纏う鱗衣は強度的に黄金聖衣に匹敵するとされるが、セブンセンシズに目覚めたてとは言え、青銅聖闘士である星矢達に簡単に破損させられているので、信憑性が低い。

…と長年ファン界隈で云われてきていたが、派生作品『海皇再起』では、ポセイドンに仕えていた古の錬金術師が『城塞島アトランティス』で造り出されたものとされ、原作『海皇ポセイドン編』に登場した『地中海の海底神殿』で安置されていた遺物は『アトランティス』が海中に没して以降『アッティカの聖戦』迄は常に破損し修復され続けた結果、本来の姿の原型を留めていないだけで無く、能力その物が消失した劣化版である。海闘士側には鱗衣本来の能力を覚醒、修復させる技術継承者の系譜が既に絶たれロストテクノロジーと化している。


少なくともその分野では、現在アテナ軍側が優位と情報の一部が明らかとなる。


海将軍編集

その他編集

ポセイドンの神衣という説もある。


ゲームアルティメットコスモのオリジナル設定。


関連タグ編集

聖闘士星矢 分解装着図

聖衣 冥衣 アルティメットコスモ

関連記事

親記事

海闘士 まりーな

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130752

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました