ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

本作の世界に存在する大陸の二大強国の一つ(もう一つはサンクランド王国)。主人公のミーア・ルーナ・ティアムーンはこの国の第一皇女である。

ミーアが死に戻る以前の時間軸では、帝国の財政悪化に加え、疫病の発生や帝国内に存在する少数民族ルールー族の反乱、大陸全土を巻き込むほどの大飢饉の発生と言った社会混乱が立て続けに発生。その状況を少しでも改善すべく、ミーアは部下のルードヴィッヒ・ヒューイットと共に東奔西走したが焼け石に水であり、革命の聖女ティオーナ・ルドルフォンによって革命が勃発。最終的に皇帝マティアスと皇女ミーアは処刑された。

本編の時間軸では、死に戻ったミーアが斜陽を迎えつつある帝国を立て直すべく奔走し、その過程で様々な人物が彼女に協力していく。

とある理由から反農思想の強い国であり、それに由来して貴族の中でも中央貴族と辺境貴族の間には格差がある。例として、ルドルフォン辺土伯は農民達のリーダーであったティオーナの祖父が、盗賊退治の褒美によって帝国貴族に編入された「成り上がり」であることから、貴族の中でも格下扱いされることがほとんどである(貴族どころか帝国臣民とすらみなされず「農奴の末裔」「植民地人」呼ばわりされることもある)。

政治

帝室であるティアムーン家を筆頭に、その血縁で門閥貴族に当たる四大公爵家(グリーンムーン、ブルームーン、レッドムーン、イエロームーンの4家)が補佐する政治体制になっている。

帝都ルナティアに帝室の暮らす白月城(はくげつじょう、白月宮殿〈はくげつきゅうでん〉と、帝室を補佐する五つの月省(げっしょう)が置かれている。

  • 青月省(せいげつしょう)
首都の行政を管轄する月省。

  • 金月省(きんげつしょう)
税関係を管轄する月省。建物は5つの月省の中で白月城から最も近い位置に置かれている。ミーアが12歳当時の時点で、ルードヴィッヒはこの省の三等税務官だった。

  • 赤月省(せきげつしょう)
地方の行政を管轄する月省。ミーアが死に戻る以前の時間軸ではミーアが12歳の時にルードヴィッヒがこの省への出向(地方への左遷)を命じられていた。

  • 緑月省(りょくげつしょう)
他国との外交を管轄する月省。

  • 黒月省(こくげつしょう)
軍事部門を管轄する月省。帝国七軍をまとめる。

地理

ルナティア

帝都。前述の白月宮殿と5つの月省が置かれている。

  • 新月地区(しんげつちく)
帝都の中でも城壁の最も近くに位置する地区。

ミーアが死に戻る以前の時間軸では最下層の貧民が暮らすスラム街であり、小さな教会と孤児院を除いて人の営みがほぼ絶えている状態だった。食べ物もろくになく、病人は手当ても受けられないまま道端に放置される劣悪な環境であり、ここから発生した流行病が他の地区にも蔓延し、最終的に帝都の民衆の1割が命を落とす惨事となった。

本編の時間軸では、ミーアが流行病の蔓延を回避すべく病院の新設などの環境改善が行われる。

ルドルフォン辺土伯領

ティオーナの故郷。南の辺境地域で、一面農耕地が広がっている。

静海の森(セイレントのもり)

少数民族ルールー族が暮らす森林。ルドルフォン領とベルマン領の境界に位置し、この森の存在が時間軸を問わずにミーア、引いては帝国の未来を左右する重大な分岐点になる。

関連人物

帝室の関係者

現・皇帝マティアスの長女(第一皇女)。

皇帝。

ミーアの孫娘。未来からやってきた存在であるため、本編の時間軸ではまだ誕生しておらず厳密には帝室関係者ではないが、表向きにはミーアの妹という扱いになっているためここに記載する。

ミーアの専属メイド。

アンヌの妹。ミーアが死に戻る以前の時間軸ではミーアや帝室と深い接点のないまま飢饉のため亡くなったが、本編の時間軸ではミーアのお抱え芸術家となる。

四大門閥貴族の関係者

グリーンムーン公爵家の長女。

ブルームーン公爵家の長男。



月省の関係者

金月省の文官。

軍事関係者

帝国軍の百人隊長。

帝国軍百人隊の副隊長で、ディオンの副官。

ルドルフォン辺土伯領

ルドルフォン辺土伯の長女。

ルドルフォン辺土伯の長男で、ティオーナの弟。

ルールー族

ルールー族の少女で、ティオーナにメイドとして仕えている。

新月地区に暮らす孤児の少年。後にルールー族の族長の孫(ワグルの母親が族長の娘)だったことが判明し、一族の元に迎え入れられる。

関連タグ

ティアムーン帝国物語

関連記事

親記事

ティアムーン帝国物語 てぃあむーんていこくものがたり

子記事

兄弟記事

コメント