ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

北海道札幌市で毎年2月上旬の6~7日間に開催されている祭り


歴史

1950年に近隣の中高生が大通公園に6基の雪像を作ったのがはじまり。

大雪像が設置されるようになったのは1953年から。

地元企業などが雪像を設置したりイベントを開催するようになった。ミスコンもあったとか。

名物でもある自衛隊による大雪像は1955年から。

現在はTV局が企画する大雪像のほか、企業(クリプトン・フューチャー・メディアなど)によるマスコットキャラクターの雪像や市民が作る小雪像、また、世界各地から参加者を集めての雪像コンクールが開かれている。他にも飲食物や工芸品などのテナントも開いている。

ちなみに雪はその辺のものを使っているわけではなく、市内各地から運んでくる。


2020年の開催中に会場スタッフが新型コロナウイルスに感染・発症し、そこから市内近辺で感染者が急増する。

2021・2022年は感染拡大防止の観点から来場型での開催は中止し、代わりにオンライン開催を実施した。

2023年は三年ぶりに来場型での開催が実施する。ただし、飲食物のテナントは自粛している。


会場

数々の雪像が展示されるメインの大通公園

氷像をメインとしたすすきの会場

雪とのふれあいをコンセプトにしたつどーむ会場



注意点

当たり前だが寒い。具体的には日中でも氷点下とか普通。

加えて、地面が氷と化している場所もあり、非常に滑りやすい。

なにはなくとも防寒、そして靴選びがポイントとなる。

おしゃれなブーツよりもごついゴム長などの方が安全。できれば事前に雪用の靴を用意するとモアベター。

公式HPの「よくある質問」に服装のアドバイスもあるので参考にするといい。


関連タグ

札幌 雪まつり

雪ミク


同時期に行われる北海道の祭り


旭川冬まつり

おびひろ氷まつり

関連記事

親記事

日本の祭り にほんのまつり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 323394

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました