ピクシブ百科事典

目次[非表示]

神奈川県川崎市川崎区に鎮座する金山神社で毎年4月第1日曜日に開催される祭り

「でっかいまら!」「でっかいまら!」

概要

金山神社祭神である金山比古神(かなやまひこのかみ)と金山比売神(かなやまひめのかみ)の二柱は、別称「かなまら様」とよばれ、「鍛冶屋」とされている。

「かなまら祭り」は、江戸時代に川崎宿の飯盛女達(宿場で客を取る私娼)が、この二柱に性病除け商売繁盛の願掛けを行った「地べた祭」に端を発する祭礼である。現在では、商売繁盛・子孫繁栄(子授け)・安産・縁結び・夫婦和合などを願う祭りとされている。
金精信仰の代表として挙げられる日本三大奇祭のひとつ。

簡単に言うと「かなまら」(男のシンボルをリアルに模した御神体)御輿に載せて担ぐ祭りで、御神体のほかにも地元の商店街などの組合が作った「かなまら」の御輿もその前座として練り歩く。上のセリフは御輿を担ぐときの掛け声である。
出店では「かなまら」を模したや商品が立ち並び、婦人会主催による「大根の早削り」などが催しされる。

金精信仰についての概略

古代から続く、子孫繁栄豊穣を祈願する『男根崇拝』に端を発する信仰。
道祖神サルタヒコ神・ミシャグジ様などが有名。
日本各地で信仰されていたため、今でも農村部にその信仰を残す場所もある。

供物としては大根などの根菜類が多い。なぜかとは……、まぁ…お察しください

また、かなまら祭を邪教と呼び忌避している陰謀論者も存在する。日本の神仏習合を何だと思っているのか(外部リンク)。

関連タグ

神道 神社
祭り 祭礼 祭祀 奇祭
 金精神 かなまら様
生殖器崇拝 男根崇拝 子孫繁栄 子宝祈願
アニミズム フェティシズム
ふいご祭 田県神社豊年祭

外部リンク

金山神社 (川崎市) - Wikipedia
RAPT この世の神はとかく悪魔だらけ。ヨガ、アセンション、アガルタ関連の話には要注意です。

関連記事

親記事

日本の祭り にほんのまつり

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「かなまら祭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 229174

コメント