ピクシブ百科事典

ミーアベル・ルーナ・ティアムーン

みーあべるるーなてぃあむーん

ミーアベル・ルーナ・ティアムーンとは、小説家になろうに連載されているウェブ小説。およびメディアミックス作品である『ティアムーン帝国物語』の主要登場人物。(メインイラスト左の少女)
目次[非表示]

概要

WEB版第2部(文庫版第3巻)から登場する、本作のもう1人の主人公。革命によってギロチンで処刑される未来を回避したミーア・ルーナ・ティアムーンの前に現れた少女。

その正体はミーアとアベル・レムノの孫娘であり、本編の時間軸から分岐した別の未来から過去の時代である本編の時代にやってきた。作中では時間軸を問わず、ミーアと区別するため「ベル」という愛称で呼ばれることが多い。

プロフィール

出演作品ティアムーン帝国物語
性別女性
誕生日
出身地ティアムーン帝国
身長
体重
特技
好きなもの
嫌いなもの


人物像

容姿は(本編の時代における)ミーアにそっくりであり、ミーア以外の人間には皇帝の隠し子(ミーアの妹)という設定で通している。そのため、普段はミーアのことを「お姉様」と呼んでいるが、気が緩んでいる時はうっかり「お祖母様」と呼んでしまいそうになる。

元々の時間軸での育ての親であるアンヌエリス、教育係であるルードヴィッヒの影響で、祖母のミーアを非常に尊敬している。

非常に純粋で素直な性格だが、時折祖母譲りのちゃっかりした一面を見せることもある。

エリスが執筆した『ミーア皇女伝』を所持しており、未来から本編の時代にやって来る際にはこの皇女伝も一緒にやってきている。この皇女伝には(エリスの脚色が入っているとはいえ)未来で起こる出来事が述べられているため、ミーアにとっては日記帳に代わって未来を改善するための道標となる。

ちなみに、彼女の名付け親はミーアであり、ベル自身は「尊敬する祖母に付けてもらった大切な名前」といたく気に入っているが、実際には彼女の祖父母の名前をそのまんまくっつけただけ(ミーア+アベル=ミーアベル)という単純なもの。その事実に気付いた本編のミーアは、未来の自分の適当かつ安直すぎるネーミングに呆れていた。

経歴


その他


関連イラスト

[ラノベ]ティアムーン帝国物語 4~



関連タグ

ティアムーン帝国物語
ミーア・ルーナ・ティアムーン(祖母)

関連記事

親記事

ティアムーン帝国 てぃあむーんていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミーアベル・ルーナ・ティアムーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1949

コメント