ピクシブ百科事典

シオン・ソール・サンクランド

しおんそーるさんくらんど

シオン・ソール・サンクランドとは、小説作品『ティアムーン帝国物語』の主要登場人物である。メインイラスト右側の少年。
目次[非表示]

概要

ティアムーン帝国と双璧を成す大国・サンクランド王国の第一王子であり、主人公ミーア・ルーナ・ティアムーンのセントノエル学園での同級生の1人。年齢は初登場時点で12歳。

プロフィール

出演作品ティアムーン帝国物語
性別男性
誕生日
出身地サンクランド王国
身長
体重
特技
好きなもの
嫌いなもの
舞台版配役横田陽介


人物像

家族はサンクランド王国の現国王の父エイブラム・ソール・サンクランド、第二王子で5歳年下の弟エシャール・ソール・サンクランドがいる。また、執事のキースウッドとは幼少期から兄弟同然に育った仲であり、彼に対してはフランクに接する。

あらゆることに優れた才能を発揮する万能の天才であり、「公正」と「正義」を心がける好青年。キースウッドからは「正義感の塊みたいなお方」と評されている。一方でその正義感の強さは潔癖とも言える域に達しており、頭の堅さや融通の利かなさ、短慮さに繋がっている部分も見られる。

活躍

最初の時間軸

ミーアを「無能な統治者」と断罪し、革命軍の主導者に助力。ティアムーン帝国を滅亡へと追いやり、ミーアの処刑にも立ち会った。このため、ミーアにとってはティオーナラフィーナと共に仇敵の1人である。

しかし、この時間軸におけるシオンのミーアに対する振る舞いや評価は結果的には正しかったものの、実は俯瞰でみるとかなり問題がある。というのも、シオンがミーア個人と直接話し合ったり、彼女の為人に直接向き直ったりして評価を下したことは一度もなく、彼女の表面上の振る舞いや周囲の噂(根も葉もない事実無根の風評被害も多かった)などを鵜呑みにして無能と断じただけなのである。この点はラフィーナも同様である。

そのため、ミーアの忠臣として良くも悪くもミーアの為人を知り尽くしたルードヴィッヒからは、『ただの一度も間違わない理想の君主』と評されながらも、帝国を必死に立て直そうとしたミーアの努力を何一つ理解できず、ミーアの助命嘆願すら拒否したシオンの元で働くことを断られた。

本編の時間軸

帝国の叡智と称されるミーアを高く評価しており、また彼女との出会いをきっかけに少しずつ心境に変化が生まれる。また、レムノ王国での革命騒動が最大の転機となり、自身の持つ「公正」と「正義」の在り方を見つめなおすようになっていく。

その他


関連イラスト

イラストの再投稿2
チョビマンガ



関連タグ

ティアムーン帝国物語 サンクランド王国

関連記事

親記事

サンクランド王国 さんくらんどおうこく

pixivに投稿された作品 pixivで「シオン・ソール・サンクランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1236

コメント