ピクシブ百科事典

アベル・レムノ

あべるれむの

アベル・レムノとは、小説作品『ティアムーン帝国物語』の主要登場人物である。メインイラスト左側の少年。
目次[非表示]

概要

レムノ王国の第二王子で、主人公ミーア・ルーナ・ティアムーンのセントノエル学園での同級生の1人。年齢は初登場時点で12歳。

プロフィール

出演作品ティアムーン帝国物語
性別男性
誕生日
出身地レムノ王国
身長
体重
特技
好きなもの
嫌いなもの
舞台版配役笠原織人


人物像

心優しい少年であり、女性に対しても紳士的に接する。しかし、剣の腕が重視される上に男尊女卑な傾向が強いレムノ王国において、その性格は「軟弱者」と罵倒される機会が多かった。特に第一王子である2歳年上の兄ゲインには剣術の稽古で負け続けており、さらに兄よりも優れたシオンの剣の才能を見せつけられたことで、諦念にとらわれていた。

活躍

最初の時間軸

ミーアとの接点は全くなく、希代のプレイボーイとして名を馳せていた。最終的にモニカ・ブエンディアによって暗殺されている。

本編の時間軸

ミーアに「ティアムーン帝国の革命を防げなかった際の亡命先」として見初められ、懇意にされたことがきっかけで自信をつけていく。兄ゲインとの実力差についても、実際のところ年齢による体格の差による部分が大きく、剣術大会ではミーアを侮辱され激昂し、ゲインを打ち負かした。最終的に弛まぬ自己研鑽の果てにシオンにも勝るとも劣らない剣術や学問を修めた

また、ミーアとはお互いに相思相愛になっていくが、現状は友達以上恋人未満の関係。別の時間軸の未来ではミーアと結婚して8人の子供をもうけた。また、ミーアベル・ルーナ・ティアムーンの祖父となる。

その他


関連イラスト

イラストの再投稿2



関連タグ

ティアムーン帝国物語 レムノ王国

pixivに投稿された作品 pixivで「アベル・レムノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1237

コメント